針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

神童

Yahoo!Japanのオンライン試写会で『神童』を観ました。
今年の春に公開されたものですが、今回はDVDの発売記念の試写会だそうです。

・紹介記事抜粋
------------------------------------------------------------
ピアノの才能に恵まれ、“神童”ともてはやされながら、自らの才能をもてあましている13歳のうた(成海璃子)。球技は禁止され、いつも手袋着用という窮屈な生活の中で、娘の才能のためにすべてをささげる母親からの重圧、演奏旅行先の海外で行方不明になった父のことも胸に大きくのしかかっていた。
そんなある日、うたは落ちこぼれの音大受験生ワオ(松山ケンイチ)と出会った。うたは、ワオとのふれあいの中で、音楽の真の喜び、人とのつながりのあたたかさに目覚めていく……。
------------------------------------------------------------

主演は成海璃子と松山ケンイチ。この二人がとにかく自然でいい。
画面に出ているだけで、なんだか絵になります。
特に成海璃子は存在感のある人ですね。

おもしろかったんですが、あとから考えると疑問点がいくつかあります。
たぶん時間の制約のせいで刈り込まれた部分がたくさんあったんでしょうね。
ただ、説明不足に思える部分のほとんどは、観る側が勝手に解釈できそうなものだし、そういうところがかえって印象に残るようで、よかったです。

この映画はクラシックを扱っているので、クラシック音楽の愛好家には、ひょっとするといろいろ不満もあるのかもしれませんが、私は好きな映画です。もう一回観たくなるような新鮮さを感じました。

コピーにも使われてる台詞、「大丈夫、あたしは音楽だから」の部分で、かなりグッと来ましたし。
  1. 2007/11/26(月) 15:43:00|
  2. 映画/テレビ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。