針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

4分間のピアニスト

4分間のピアニスト

「Yahoo動画」のオンライン試写会で、ドイツ映画『4分間のピアニスト』を観ました。

原題: VIER MINUTEN

「無実の罪で囚われた天才ピアニストが自分の才能を信じてくれる女性教師との出会いを通して、再び人生の輝きを見出すまでを描く感動作。」
という説明文を読むと、なにか硬くておとなしそうな映画に思えたけれど、この天才ピアニストがすごい乱暴(というか凶暴)な役柄で、思っていた以上に躍動感がある映画でした。
演ずるハンナー・ヘルツシュプルングは、オーディションで選ばれた、ほぼ無名の女優とのこと。

かたや、教師役のモニカ・ブライブトロイの、厳格さを絵に描いたような立ち居振る舞いが味わい深くて、この二人の対比がきっちりしていて楽しめました。

タイトルが示すクライマックスは圧巻。

公式サイトはこちら
。11月10日より公開。
  1. 2007/11/05(月) 17:49:51|
  2. 映画/テレビ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。