針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オリヲン座からの招待状

オリヲン座

MOVIX昭島というところで試写会。
ここは初めて行ったところでしたが、去年の春にオープンしたばかりのきれいなシネコンで、スクリーンが12もあります。係員も丁寧な応対をしてくれて、とても居心地のいいところでした。。
そういうきれいな場所で、「古き良き映画館が消えていく話」を観るというのも、なかなか複雑な気分ではありますが。

浅田次郎の短編集『鉄道員(ぽっぽや)』の中の一編が原作。
原作では子供のころにオリヲン座に通い、今は東京で暮らす中年夫婦(別居中)が主役ですが、映画はオリヲン座の先代の妻トヨ(宮沢りえ)と映写技師の留吉(加瀬亮)との話に比重を置いてあります。なので、ちょっと『ニュー・シネマ・パラダイス』っぽい部分もありましたが、細かなエピソードの一つ一つが絵的になかなか印象深く、舞台や小道具も昭和30年代の雰囲気がうまく出ていました。

以下、チラシに書いてある程度ですがネタバレあります。



先代館主亡き後、弟子の留吉は先代の妻トヨと共にオリヲン座を守っていくわけですが、口さがない連中からはその関係を不義理なものだと非難されることになります。この二人の関係の、微妙な、なんともいえない空気がうまく出てました。宮沢りえは若いころよりも今のほうがずっといいですね。でももうちょっと太ってもいいと思うけど。

ごく短い原作なので、ある意味贅沢な時間の使い方をしています。それをゆったりとした時間の流れととるか、間延びした時間ととるかで、観る人によって評価が大きく変わるような気がします。ドラマ部分よりも情緒的な部分を大切にしたかったのかもしれませんが、説明不足気味でもありました。

しかし映画が好きな人にとっては、映画館が舞台の作品は、それだけで興味を引かれるもので、近代的なシネコンで観ていても、オリヲン座の古びた観客席がスクリーンに映るとき、瞬間的に自分もその場に居合わせているような気分になれます。こういうのは映画館ならではの暗がりのマジックかもしれません。


ところで、「トヨ」と「留吉」、年上の女性と若い男の関係を考えるとき、円朝の『真景累ヶ淵』の豊志賀と新吉を思い出したりしました。もちろんオリヲン座の二人はあんなドロドロな関係ではないけれど、名前もちょっと似てますしね。

  1. 2007/10/30(火) 23:03:43|
  2. 映画/テレビ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。