針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北極のナヌー

昨夜は有楽町の丸の内ピカデリー2の『北極のナヌー』試写会へ。
原題:Arctic Tale
           ナヌー

北極の自然を追い続けた動物ドキュメンタリーです。
ナショナル・ジオグラフィックが製作した初の劇場用長編映画とのこと。
ナヌーというのは登場するホッキョクグマ(白クマ)の名前。

しかしカメラがものすごかった。
厳寒の北極で何年もかけて撮影したフィルムから編集してるわけだけど、たとえば泳いでるセイウチとか白クマとかのすぐ近くまで寄ってって、かなりのアップで撮ってるんですよ。
海に潜ったカメラマンが氷の下から真上を見て、薄い氷の上を白クマが歩いてる姿を透かし見てたりするんですが、いろんな意味で命がけの撮影ですねえ。
ちなみに私、氷の下というと『オーメン2ダミアン』を思い出してしまって、いまだに怖いです(笑)。

映画はあまり知られていない北極に棲む生き物の生態を、ときにはユーモラスに紹介しつつ、近年凍らなくなってしまった北極の姿と、氷がないと生きていけない動物たちを見せることによって、観客に地球温暖化のことについて考えてもらおうという趣向。
薄くなってしまった氷の上では、親から教わった狩りの技術が役に立たない白クマの姿は見ていて辛くなります。

この日の試写会には監督兼カメラマンのアダム・ラヴェッチとサラ・ロバートソン両氏の舞台挨拶があるのは知ってたんですが、それだけにしちゃ妙にテレビカメラが多すぎる。変だなと思ってたら、ゲストとして日本語ナレーションを担当した稲垣吾郎氏が登壇。客席の女の子きゃーきゃー大騒ぎ(^^;)
         マフラー
会場で配られたマフラー、収録のときにこれを首に巻いて、
吾郎ちゃんが「ナヌーを」と言ったあと
観客全員で「守れー」と言う場面を撮りましたw
その模様は今朝の芸能ニュースに流れてましたね。
でも稲垣くんは冗談まじりで「ドライヤーの時間を半分にしたい」と語ってたけど、そういった一人一人が自分でできる努力が大事なんだと思います。
「温暖化問題はまず中国あたりがCO2削減をなんとかしないと、おれらがいくらがんばっても意味ないっしょ」とか言う人もいるけど、身近なところから意識を変えていかないと何も変わらないですからね。
  1. 2007/09/27(木) 18:37:55|
  2. 映画/テレビ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。