針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

物欲

映画のDVDが増えてきて案外じゃまなので
DVDを入れるフォルダを買ってみました。
20070317051442.jpg
めちゃくちゃコンパクトに収まるじゃないすかー。

トールサイズのDVDは、もともと中身に比べてケースが大きすぎるんですね。
わざわざVHSのケースと同じ高さにしてあるもんだから、必要以上に棚を占領します。高さも厚みも。

不要なケースはダンボールにしまって押入れへ。

すっきり。

私は子供のころから蒐集欲が強くて、常になにかを集めていないと安心できない性質でした。
現物を手にしてウフフと喜び、整然と並べては悦に入り、遠くから近くからためつすがめつ眺めてみて、匂いなんかも嗅いでみて、しまいには感極まって味わってしまったりするわけですが、近頃はだいぶ症状が治まっているようです。

ただ、本に関しては「中身が読めればいいんだ」という人がいらっしゃるけれど、なかなかそこまで達観できません。
シリーズものなどは、本棚に並べてニヤニヤしてしまう癖があって、これは自分でもかなり嫌だなあと思います。
部屋の中はゴミタメのように雑然としているのに、本棚だけは整理されていて、並んだ本の巻数の前後が狂ってるなんてのは絶対に我慢できないので、一種の強迫観念のようなものかもしれません。


そういうふうに物欲が強いので、音楽のネット配信が始まったころは、正直ここまで浸透するとは思ってませんでした。
マニアってのはジャケット込みで音楽を楽しんでる部分もあるので、手元にジャケットが残らないなら、やはり店頭でCDの形で買うんじゃないかと思ってたので。そういう考え方自体がもう古いのかもしれないなあ。

実際に楽曲のダウンロードを利用してみると、別に支障はないんですね。インターネットの発達に伴って、データをあくまでもデータとして見ることができる、そういう体質になれたのかもしれません。
そもそもCDから直接音楽を聴くなんてこともしなくなったので、CDが手元に残ること自体が、ある意味ではちょっと邪魔なような気さえします。CDのジャケットは小さいので、LPのジャケットほどの思い入れはしにくいというのもありますが。


漫画もネットや携帯配信が始まってますが、これから先の動向はけっこう気になりますね。
単行本を買う世代と、ダウンロードで読む世代は違うというような話も聞きましたが、さてさて、どうなっていくんでしょう
  1. 2007/03/17(土) 05:22:01|
  2. 日常
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。