針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鬼太郎の家

小金井公園の中にある『江戸東京たてもの園』へ。
敷地内には江戸から昭和30年代くらいの建造物が立ち並んでます。
一軒の建物だけでも見に行く価値が充分あるのに、一度に20数棟も。
これはおもしろすぎる。
しかもほとんどの建物の中に入ることができるのが嬉しい。
20061028005909.jpg
『千と千尋の神隠し』の湯屋のモデルになったという銭湯。
私の育った家には風呂がなかったので、子供のころから銭湯に通っていたんですが、それも結婚してから後はとんとご無沙汰。ここではじっさいにお湯が出るわけではないけれど、久しぶりに銭湯の中に入りました。このだだっ広い空間は特殊で、とても懐かしい。

詳細は『江戸東京たてもの園』のサイトを見ていただくとして、


ここには案内板にもガイドブックにも載っていないけれど、マニアには有名な『鬼太郎の家』があります。
20061028005848.jpg

ぼろぼろの掘っ立て小屋のようですが、これで正解。鬼太郎って言ったら木の上の家じゃないの?と思う人が多いだろうけれど、アニメなどでおなじみの木の上の家は、少年マガジンで連載が始まってから登場したもので、それ以前の貸本時代の『墓場鬼太郎』はこういう家に住んでました。
入り口には「怪奇事件専門解決 墓場鬼太郎」と看板が下がってます。(「怪奇事件」の部分が割れて下に落ちてます)

これが水木しげる先生の描かれた『墓場鬼太郎』の一コマ。
20061028005923.jpg
ゴミ箱を漁ったり煙草を吸ったりする猫背でチョイ悪の鬼太郎が住んでる家としては、断然こっちの家が似合います。
  1. 2006/10/19(木) 19:58:02|
  2. 展覧会/博物館
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。