針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山本有三記念館

おとといは久しぶりの晴天だったので、自転車を転がして三鷹の玉川上水沿いにある「山本有三記念館」を見学してきました。
門の前に「路傍の石」が置いてあります。けっこうでかい。
路傍の石

 建物は大正時代の洋館で、それ自体建築物として見るだけでもおもしろい家でした。昭和11年にここを買った山本有三が、2階の一部を和室に改装して書斎にしていたそうです。邸内も見学できます。入館無料。
山本有三旧邸

 今年はちょうど開館10周年だそうで、「山本有三の郊外生活」という特別展をやっていました。(8日で終了)


 玉川上水というと太宰治が入水自殺したことで有名な場所になっているけれど、入水の場所には、目立たないように配慮したのか、地味に記念碑がありました。
このあたりを散策していると、物思いにふけったように歩いている人とけっこうすれ違う。太宰のファンなのかもしれない。
 
 ついでに禅林寺というお寺まで足を延ばし、森鴎外(林太郎)と太宰の墓を見ました。
この日はひっそりとしてましたが、太宰の命日の「桜桃忌」には、さまざまな年齢の人たちが集うそうです。
森鴎外、太宰治の墓

  1. 2006/10/09(月) 14:23:35|
  2. 日常
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。