針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

始皇帝と彩色兵馬俑展

両国国技館のおとなりにある、江戸東京博物館にて開催中の「始皇帝と彩色兵馬俑展」へ。
彩色兵馬俑展
 ここははじめてですが、なんだかだだっ広いスペース…というか、必要以上に無駄な空間が多いなあという印象。

企画展の目玉は、タイトルにもなっている彩色の跡が残っている等身大の兵士の俑。中国でもまだ一般公開されていないものを、日本とドイツで同時公開とのこと。
 私は兵馬俑の実物を見たのがはじめてだったので、この彩色兵馬俑だけじゃなく、どれも興味深く見ました。同じ顔のものが並んでいても不思議はないのに、ひとつひとつ全部違う顔に作るのは、相当な労力だったんだろうなあ。案外表情は柔和なものなので、等身大でも対面して威圧感のようなものは感じません。
 どうしても始皇帝時代のリアルな俑に目が引かれるけれど、その後の小さな兵馬俑たちもデフォルメが面白くて好きですね。

 それにしても、これだけの数の俑を何人がかりで作ったんだろう。
最初から埋納するためのものとして作るんだから仕方ないとしても、人の目に触れないものを大量に作るのは、どういう気分だったのだろう、などと変なことを考えてしまいます。

 展示はやけに混んでました。
平日でこの混雑なら、土日はさぞたいへんなんだろうなと思ってたら、4時を回ったらとたんに人が減った。
ひょっとすると、国技館に相撲を見に来てついでに見学していた人たちが多かったのか?
ということは、もう少し遅く来れば楽に見れたのかな。

 常設展では江戸の町並みのミニチュア模型や、実物大の長屋やら昭和の家や懐かしい道具などを再現展示していて、写真撮影可だし、ものによってフラッシュも焚いていいので、時間があったらかなり楽しめそうです。しかし今日は遅く出かけたのが仇になり、全部を見る余裕がありませんでした。それでも触っていい展示は一通り触りまくる。火消しが使うまといやら千両箱は実際に持ち上げて重さを体感できるようになってました。千両箱は意外と細長くて小さい。時代劇に出てくるお馴染みのやつとは違う形。そしてけっこう重たい。これを盗んで走るのはさぞやたいへんだ。

 最後のほうは係の人の「お急ぎくださーい」の声を聞きながら文字通り駆け足。奥のほうは電気消えてってるし、売店なんかとっくに閉まっちゃってたし。

今度はもっと時間があるときに行ってみたいですね。
お相撲がないときにね。
  1. 2006/09/22(金) 23:29:54|
  2. 展覧会/博物館
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。