針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

kindle

Kindle Paperwhiteを買ってみた。
アマゾンでは手元に届くまで一ヶ月以上かかったが、一部の量販店では、けっこう簡単に手に入るらしい。
Kindle PaperwhiteKindle Paperwhite
(2012/11/19)
Amazon.co.jp

商品詳細を見る

うれしいのはとにかく軽いこと。ちょっと厚い文庫ほどの重さ。
それにEインクの特性で省電力なところがいい。
タブレット端末は頻繁に充電しなければいけないのがわずらわしいのだけれど、こいつなら数週間は保つらしい。
おまけに液晶よりも目にやさしい。
なので、ストレスなしにベッドでもトイレでも本が読めるようになった。

まあ本文のコピペができないとか買った本の整理がしにくいとか不満点もあるにはあるが、とりあえず読みたい本をどこでもすぐに読めるのは、本読みにとっては一番のよろこび。

とはいえ、肝心のキンドルストアの品揃えがまだまだ。
だんだんと増えてはいるけれど、個人的に読みたいものが少ない。

フィリップ・K・ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』とか、そういえばちゃんと読んだことがなかったなと思って買ってみた。
これは文庫だと777円なのだが、Kindle版は323円で買えた(セール中なのかもしれない)。
このくらい価格が下がって、かつワンクリックで入手できるとなると、軽い気持ちで買えてしまう。

あるいは、こんなのも。
歴史読本2012年4月号電子特別版「古事記の見方・楽しみ方」 (新人物往来社)歴史読本2012年4月号電子特別版「古事記の見方・楽しみ方」 (新人物往来社)
(2012/10/04)
歴史読本編集部

商品詳細を見る
歴史読本の電子書籍シリーズはカラーのグラビアページを省いてあるため、雑誌の半額ほどの価格で買える。純粋に中身だけ読みたい人向け。
こういう試みはありだと思う。
液晶のタブレットで読みたい人用に、一冊まるまる電子化したものと平行して売られたら一番いいかもしれない。

ところで無料の青空文庫を漁っていたら、岡本綺堂があった。
この人のは怪談ものを読んだことがあるくらいだったので、ためしに『半七捕物帳』を読んでみたら、これがおもしろい。
半七は青空に全話そろっているので、今はそれをちょびちょび落としては読んでいる。
  1. 2012/12/25(火) 07:30:29|
  2. 読書
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。