針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

散歩していて気がついた。我が家の周辺からスズメが姿を消してしまったようだ。
近年、スズメは全国的に減少傾向にあるという話をよく耳にするが、いやいや、ちょっと邪魔に思うくらいたくさんいるんだし全然大丈夫でしょ、などと高をくくっていた。じっさいにいなくなってしまうとショックだ。
夏までは当たり前のように庭先で遊んでいたのを見たけれど、2ヶ月前くらいからパッタリと姿を見かけなくなった。
近所にちょっとした竹藪があって、そこへ行くと以前はやかましいくらいスズメが鳴いていたのに、今は一羽もいない。
そのかわりなのか、カラスがやたら増えた。

よく漫画で朝の場面を描くときに、「チュンチュン」とスズメの声の擬音を描いて表現することがある。料理の音と同じくらい頻繁に使われる朝を表す一種の記号だ。
しかし今後もスズメの数が減っていくんだとしたら、そういう便利に記号化された表現は使えなくなるんだろうなあ。
『雀の千声、鶴の一声』などと言うけれど、声が聞けなくなったら意味合いが変わってきちゃうかも。

それにしても、かつてのメダカやミノムシもそうだが、どこにでもいたものがいつのまにか姿を消すと、なんだかがっくりしてしまう。

小鳥日和・野鳥美術館 スズメ小鳥日和・野鳥美術館 スズメ
(2003/04/25)
タカラトミー


↑これはもう売ってないけど、なかなかリアルな造形のおもちゃ。
  1. 2010/12/09(木) 15:34:02|
  2. 日常
  3. | コメント:2

コメント

統計ではかなり減少したらしいですねー
後、画の雀みたら
どーしても昆童虫さんのブログもあり
ペニバンしたプフィルがスズメのアソコにぶちこむシーンの
スズメの学問?でしたっけ・・
あれをどうしても思い出してしまう(汗
  1. 2011/03/22(火) 17:36:25 |
  2. URL |
  3. ヘリオポーズ #l7H4TccY
  4. [ 編集]

いえ、『学問のすゝめ』ならぬ『学問のスズメ』ですw
  1. 2011/04/08(金) 11:10:57 |
  2. URL |
  3. 昆 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。