針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

かいじゅうたちのいるところ

かいじゅうたちのいるところ [DVD]かいじゅうたちのいるところ [DVD]
(2010/11/03)
マックス・レコーズ , キャサリン・キーナー ,
監督:スパイク・ジョーンズ

商品詳細を見る

これを実写で作っていると聞いたときに、長編映画にできるのかいなという疑問がわいた。
監督がスパイク・ジョーンズなら大丈夫かなと思ったのだが、なんだかダラダラと長い。
なによりもマックスが怪物たちと遊ぶシーンがぜんぜん楽しそうじゃないのだ。これはマズイ。
やっぱり15分程度の短編にしてスパッと終わらせるほうがよかった。
ただし絵本を見たことがない子供なら、もしかするとこの映画を面白がれるのかもしれないな。

マックスを演じたマックス・レコーズくんはかわいい顔立ちだけど、もうちょっと幼い子のほうがいい。


原作はこちら。
世界的なベストセラー。一家に一冊、特に男の子がいる家には必携の絵本。
かいじゅうたちのいるところかいじゅうたちのいるところ
(1975/12)
モーリス・センダック

商品詳細を見る

10年くらい前に、サンフランシスコのメトレオン(ショッピングセンターとアミューズメント施設をくっつけたような場所)で、この絵本を元にした『ワイルドシングス』というアトラクションに入ったことがある。
もともと子供向けのアトラクションなので、他愛無い仕掛けが多く、大人だけだとちょっと浮いてしまうが、周囲の親子連れはずいぶん楽しそうにしていたっけ。

お台場のメディアージュにも数年前までは同じアトラクションがあったなあ。
  1. 2010/11/10(水) 19:50:34|
  2. 映画/テレビ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。