針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ポンペイ最後の日」を2種類

ポンペイ最後の日ポンペイ最後の日
(1962/04)
ヴルウェー

商品詳細を見る

タイトルだけは昔からよく知っていたけれど、読むのは初めて。
主人公は富裕なギリシア人グローカスと、絶世の美女アイオンだが、彼らに仕える盲目の奴隷少女ニディアに肩入れして読んだ。

この訳は、なんと原文の半分ほどの縮訳だそうで、あとがきによると、ポンペイの風俗、習慣などの描写を削らざるを得なかったそうだ。でもじつはそういう部分こそ読みたい。なんとなれば、削られずに残った風俗描写がかなりおもしろかったので。

そして半分にカットされたせいか、登場人物の関係やそれぞれのエピソードがちょっと不自然だったり、あるいは唐突だったりする。
物語自体はひじょうに面白いと思うので、一度全訳を読んでみたい。(あるんだろうか。)

初版が昭和37年。これは第7版だったが、それにしては誤植の多さが気になった。
とはいえ、現在入手できるリットン卿の『ポンペイ最後の日』の邦訳は、じっさいのところこの本だけのようなので、貴重ではある。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ポンペイ最後の日 (講談社青い鳥文庫)ポンペイ最後の日 (講談社青い鳥文庫)
(2001/05/25)
エドワード ブルワー‐リットン

商品詳細を見る

こちらは子供向けの「青い鳥文庫」なので期待はしていなかったが、上記の中央出版社版よりさらにダイジェストだった。
キャラクターそれぞれの関係もあっさりしたものだし、紙数の制限があるためだろう、とにかくあまりに目まぐるしく展開するので、話についていくのがたいへんだ。
ただし中央出版社版では割愛されている部分がこっちで読める箇所もいくつかある。
たとえば敵役のエジプト人がイシス女神に祈ると女神像の目が光った、という魔術的描写など。

この本は絶版になっていたので、図書館で借りた。
  1. 2010/07/19(月) 22:30:14|
  2. 読書
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。