針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アナスタシア

皇女アナスタシアの映画DVDを2本見る。

追想 [DVD]追想 [DVD]
(2006/08/18)
イングリッド・バーグマン、ユル・ブリンナー

商品詳細を見る

これはだいぶ前にテレビでも二度ほど見たが、かなり好きな映画。
DVDを吹き替えで見ていると、テレビ放映時にカットした場面が字幕になる。けっこう切っていたようだ。

アンナ・アンダーソン(この映画ではアンナ・コレフ)が本物の皇女アナスタシアだったのかどうかはともかく、この映画ではどちらともとれない描き方をしている。

イングリッド・バーグマンとユル・ブリンナーの恋のゆくえが物語の核にあるのだけれど、マリア・フョードロヴナ皇太后を演じたヘレン・ヘイズがたいへんに魅力的で、型どおりのメロドラマになりそうな展開を彼女の存在が防いでいる。


アナスタシア (ベストヒット・セレクション) [DVD]アナスタシア (ベストヒット・セレクション) [DVD]
(2007/10/24)
メグ・ライアン

商品詳細を見る

これもいつだったかテレビで深夜に放映してたのを見た。
20世紀フォックスが手がけたミュージカル仕立てのアニメーション映画。
今回は字幕で見たのだが、メグ・ライアンの声がかわいい。若いころのアナスタシアの声はキルスティン・ダンストで、これまたかわいい。

リアルに作ってある部分と、悪役の怪僧ラスプーチンが出てくる部分がうまく噛みあってないようにも思うし、全体になんとなく統一感がないんだけど、けっこう好きなアニメだ。歌もいい。

ただ、まるでラスプーチンの呪いでロシア革命がおこったかのように描かれているのは、子供も見る映画なので、ちょっとまずいんじゃないのかな。
  1. 2010/08/16(月) 20:18:50|
  2. 映画/テレビ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。