針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ノーマン・ロックウェル展

img294.jpg
府中市美術館でやっていた『ノーマン・ロックウェル』の展覧会へ。
点数は35点ほどで、あまり規模は大きくない。
しかし知らない絵も数点あったし、リトグラフが多いと聞いていたけれど、原画もそれなりの点数があり、なかなか楽しかった。
この展覧会はちょっと変わった趣向をしていて、ロックウェルのイラストと、写真家のケヴィン・リヴォーリが撮った、現在のアメリカの日常風景の写真が並べて展示されていて、時代も手法も違えども、いわゆる「古き良きアメリカ」がけっして絵空事ではなく、今でも日常として残っているのだと思える仕組みになっている。

薄い図録が千円で売られていたが、中身は「サタデー・イブニング・ポスト」の有名なイラストばかりだったので、ちょっと不満。会場には広告用の油彩や未発表になった作品などもあったから、それらを優先して掲載してほしかった。
  1. 2010/07/10(土) 13:17:29|
  2. 展覧会/博物館
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。