針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タイタンの戦い

img146.jpg
3Dで観たのだが、これは撮影後に3D処理をしたものなので、それほど立体感を楽しめなかった。これなら2Dで充分だ。こういう半端な3D映画が増えると、かえって3Dの価値を下げてしまうんじゃないだろうか。もしこの映画が3D初体験だったとしたら、他の映画も3Dで観たいとは思わないだろう。

レイ・ハリーハウゼンが特撮をやった1981年版のオリジナルが好きだったので、じつはこのリメイクはかなり楽しみにしていたのだが、ちょっと期待はずれ。
オリジナルと比べると、ストーリーによどみがなく、うまいこと作ってあるなとは思う。でも、もともとオリジナルの良さはモンスターのコマ撮りアニメの楽しさにあったし、全体的に見るといびつな部分もあるけれど、怪獣映画としての見せ方はうまかった。
リメイク版はさすがに今風なCGの迫力はあるが、なにかこう、手に汗握るような感覚がない。笑っちゃうくらいバカでっかい大サソリとか、すばしっこくなった美人メドゥーサとの戦闘も、インパクトはあるのになぜかハラハラできない。アクションを傍観してるような気分になる。

ギリシア神話の神々が自分勝手なのは元からそうだからいいんだけど、今回は悪役をハーデース一人に押し付けてしまった感があり、そこもなんだか納得いかない。

それにしても今回もオリュムポスのビジュアルが安っぽく見えた(このあたりはオリジナルもダサい)。それぞれの神の台座がフィギュアでも飾るようなデザインだし、だいたい神々が甲冑を着てるのが解せない。
甲冑といえば、人間側の甲冑のデザインもよくない。特に主人公の甲冑がダサい。というかペルセウス、なぜ坊主頭なんだ?ギリシア神話であの頭はないわ。
だいたいこのペルセウス役のサム・ワーシントンは、『T4』や『アバター』のときも思ったが、個人的にはあまり印象に残らない顔だ。

あ、オリジナルでアテーナーの持っていた機械仕掛けのフクロウは、今回も一瞬だけど登場して和ませてくれた。でもほんとにチラッとだけ。

この映画では、英雄が怪物を倒してお姫さまを救うという「アンドロメダ型神話」の核となる部分を変えてある。アンドロメダー救出まではあるけれど、その後が違う。観てるうちに、ああこれは違う展開になるんだなとは思ったけど、ちょっと意外だった。
でもアンドロメダーはやはり岩に鎖でつないでほしかったし、ちょっとくらい露出してもいいんじゃないのか。
ついでながら、アンドロメダーのかわいさは、オリジナルの勝ち。
  1. 2010/04/26(月) 23:05:36|
  2. 映画/テレビ
  3. | コメント:2

コメント

今の若い人(とりわけ平成生まれ)ならこの映画でしょうねぇ・
昭和生まれなら断然ハリーハウゼンと比べてしまいますね。

これは未だ観てませんが
映画の予告見るだけで、地雷か!って思うようなシーンが多々。
特にTVでもやたらとサソリと戦うシーン流れてましたが
そこが売りなのか?はさておき
そのサソリと戦うシーンにて、サソリの毒針が盾で防がれる場面
あの巨大なサソリの尻尾攻撃が
人間如きの腕力と薄い盾であっさり防がれるとは・・なんて
メデューサもハウゼンの様な不気味さが感じられなかったし。
色々な物の重量感だとか汗臭さ何処か感じられなかった。

アンドロメダの可愛さは一票ですw
あの時代のお姫さま役はセクシーな衣装と
何処か神秘的なエロチシズムな感じがあった(汗

観ようとは思ってますが、他の観たい作品が未だあるのでひとまず置いておきます
  1. 2010/05/29(土) 05:51:17 |
  2. URL |
  3. ヘリオポーズ #x2aT5VkE
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

外骨格の生物があのサイズになったとしたら、ほんとなら身動きすらできないはず。
なので人間も物理法則を無視していいんですw
特に主役は半神なわけですから^^
  1. 2010/06/15(火) 15:53:49 |
  2. URL |
  3. kon #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。