針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

テメレア戦記3

テメレア戦記III 黒雲の彼方へテメレア戦記III 黒雲の彼方へ
(2009/12/26)
ナオミ ノヴィク

商品詳細を見る

ナポレオン戦争の時代に、ドラゴンたちが空軍として活躍するというファンタジー。

前巻でドラゴンに対する英国と中国の扱いの差を見たテメレアは、ドラゴンの自由と権利について考えるようになる。このことはこの巻にも頻繁に出てくるので、今後の展開に深く関わってくるのだろう。

2巻はちょっと沈鬱なムードだったけれど、3巻ではストーリーが目まぐるしく展開する。娯楽要素が満載で、唯一足りないのは恋愛だけか。と思ったけど、その分はドラゴンのテメレアと担い手のローレンスの鉄壁な信頼関係で補って余りある。

緊迫した展開の中に、ときおり笑える要素もあるのがいい。
テメレアの空気を読まないストレート発言に周囲がひやひやしたり、エミリーとダイアーの見習いコンビの活躍もほほえましい。
新しく登場したドラゴンのイスキエリカのはちゃめちゃぶりもお気に入りだ。日本語訳のうまさもキャラの個性に一役買っている。
  1. 2010/03/10(水) 04:04:34|
  2. 読書
  3. | コメント:4

コメント

これ!個人的に残念なんです・・・
ナポレオンの時代~西部開拓時代が好きで書物読み漁ってたもんで
特に登場人物や船やらの設定で
ん~~!ちょっと先生!これ納得いきません!て
一巻だけ読んでそれっきり・・・
まぁ・・・なんていうか、話が進むにどんどんRPG過ぎて
このまま行くとドラゴンハート?サラマンダー?w
しかしD&Dだとかドラゴンマニアには絶大な人気あるようで
作者の描く東洋のドラゴンはやけに神秘的な描き方していい感じですよね
ま・・ある程度話が進んだら映画化必至でございますw
日本語訳が4巻5巻未だみたいですねー
  1. 2010/03/24(水) 04:16:31 |
  2. URL |
  3. ヘリオポーズ #bSrxfIPI
  4. [ 編集]

ところで・・・ブログの内容と関係なく私的なことですいませんが
テレビ東京の美の巨人って番組観られてますか?
この間流れた、ハンマースホイ
これをやるとは思いませんでしたぁ~もう感動物でした^^;
地味なエッシャーなんていう人もいますけどw
  1. 2010/03/24(水) 04:53:55 |
  2. URL |
  3. ヘリオポーズ #l7H4TccY
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

歴史上の物語の中にファンタジーの要素がおおっぴらに関わってくるんですから、こういうのは一種のパラレルワールドだと思って読むのがいいんでしょう。
というか、私としてはローレンスとテメレアの関係に萌える物語という認識ですw

去年だったかな、『ジョナサン・ストレンジとミスター・ノレル』というファンタジーの邦訳が出たので読んでみましたが、やはりナポレオンの時代を描いていて、こちらでは“魔法”が戦争に使われたりします。魔法の使用に関して英国国教会の立場などは描かれてないのがちょっと物足りなかったけれど、リアルな話でした。個人的にはまったく好みではありませんでしたが。

>このまま行くとドラゴンハート?サラマンダー?w

うーん、『テメレア』を3巻まで読んだかんじでは、そういうイメージはないですけどね。
むしろ雰囲気は海洋冒険小説じゃないかと思います(3巻はそうでもないですが)。

これ、大型ドラゴンを搭載できる帆船の形が、どうしてもビジュアルとして想像できないんです。そのあたりは将来映像化されたときの楽しみのひとつです。
ただピーター・ジャクソン監督は、映画じゃなくてテレビのミニシリーズにしたいと考えてるとか。
  1. 2010/04/21(水) 03:32:49 |
  2. URL |
  3. Kon #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

『美の巨人』はたまに見てますが、その回は見そびれました。ちょっと残念。
ハンマースホイは一昨年上野の国立西洋美術館で展覧会やってましたね。
今も一点飾ってありますね。
  1. 2010/04/21(水) 03:49:23 |
  2. URL |
  3. Kon #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。