針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

里山 劇場版

ブルーレイ録画機能つきのテレビを買ったので、初めてブルーレイ・ディスクをレンタルしてみた。
映像詩 里山 ~劇場版~ [DVD] [Blu-ray]映像詩 里山 ~劇場版~ [DVD] [Blu-ray]
(2009/12/25)
ドキュメンタリー映画

商品詳細を見る

これはNHKスペシャルで放送されたものを再編集して、昨年劇場公開したもの。
舞台は滋賀県の琵琶湖畔。里山に暮らす人たちと、雑木林の四季を丹念に捉えたネイチャードキュメンタリー。
自然を人間が作りかえるのではなく、人が自然と共生している姿がここにある。
映像も工夫を凝らしていて、90分間まったく飽きなかった。

アカショウビンが魚を狙っているところが面白い。カメラを水中に置いて、襲いかかってくる鳥を魚の目で見たような構図で撮影している。これはまるで宮沢賢治の『やまなし』の世界そのもの。

ところで、モノは試しとばかり、同じタイトルのDVDもレンタルしてみた。比べてみると画面の違いが一目瞭然。ブルーレイは葉っぱの一枚一枚が鮮明に映っているのに、DVDは緑色のカタマリに見えてしまう。なにを今さらと言われるかもしれないが、やはりブルーレイはきれいですな。
ブルーレイで『西部開拓史』とか見てみたくなった。

ただ、さらに次世代の光ディスクが開発されたみたいだし、ブルーレイは案外短命に終わるのかも?
  1. 2010/01/25(月) 23:38:58|
  2. 映画/テレビ
  3. | コメント:2

コメント

BD買われましたか。私はBDが出た当時即行買いました!w
とりわけアニメやブレードランナー辺りが観たく(汗
BDの何が良いかって
昆童虫さんも書かれた様に鮮明度きめ細かさですねー
そして明暗のクッキリ度。
特に映像の奥行き!例えばアニメでもSF映画でも
暗がりのシーンや背景の奥の細かい箇所がくっきり
DVDでさえそういう箇所はぼやけてたりシャープ差が無かったり暗くて見えなかったり・・
しかしBDは、あ!ここにこんな文字書いてあったのか!とか
こんな物置いてあったんだとかその差が凄い。
BDならNHKの世界遺産シリーズ等の映像もよろしいでよすね~

で、シネラマ方式で撮った西部開拓史とは中々チョイスが!w
あれに収まってる2枚組みのもう1枚は40~50インチ以上の大型ワイド画面で観る専用ディスク
当時の映画館のスクリーンで観賞できてる感覚で観れるという特典ディスクは良いですよねw
しかもBDならプロジェクタでスクリーン投影しても高画質が一切落ちない点を考慮利用してるみたい。
DVDとBDって特典やパッケージとかここでも差がでますからねー

話変わりますが、立松和平さん亡くなられましたね、過去色々問題はありましたが(汗)
私個人としてはあの独特の栃木訛りのナレーションはスキでした
  1. 2010/02/14(日) 01:57:36 |
  2. URL |
  3. ヘリオポーズ #l7H4TccY
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

>ヘリオポーズさん
ブルーレイ、じつは「ちょっと鮮明になる程度だろうな」と思ってたので、けっこう衝撃でした。ほんとにきれいなんで思わず笑っちゃったほど。
アニメーションだと、ひときわ違いがわかりそうですね。

『西部開拓史』は大好きでして、先住民に対する考え方なんかは古い映画だからしょうがない部分もあるんですけど、それに目をつぶれば、めっぽう面白いですね。
『キング・オブ・キングス』でサロメを演じたブリジット・バズレンがちょい役で出てるのも魅力的。

立松和平さん、映画で『遠雷』を見たくらいで、著作は読んだことがないですが、『ニュースステーション』のコーナーは好きでした。
  1. 2010/02/21(日) 03:38:41 |
  2. URL |
  3. kon #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。