針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

毒のいきもの

毒のいきもの―special edition毒のいきもの―special edition
(2009/06)
北園 大園


有名なものから意外なものまで、65種の有毒動植物をおもしろおかしく紹介した本。

書店のレジ前に置かれていたので、ついでに買った。
よくスーパーやコンビニのレジ前に、ガムやらまんじゅうやらが置いてあるのをついでに買ってしまうのと似ている。

買ったのはついでだったけれど、中身はけっこう楽しめた。
文章はおちゃらけでも、基本は押さえてあるので、軽く読めるし笑いながら雑学も身に付く。

たとえば「ハブ」のページに書いてあったエピソード。
『男はつらいよ』のテレビシリーズの最終話では、寅さんがハブに咬まれて死んでしまうらしい。これはびっくりだ。
  1. 2009/10/04(日) 22:54:55|
  2. 読書
  3. | コメント:2

コメント

これはこれは!値段もワンコインとお手ごろですね。
毒とならば、地球上で一番猛毒を持ってるという
ウミウシに似た海の生物も載ってるんでしょうね・・
深海の生物とか大好きなのでこりゃ買って見ます
蜘蛛だけは間近で見たくはないですけどw

で、寅さんの話、ご存知なかったのですか
あの最終話終了直後、全国の視聴者やファンから
殺さないで!終わらせないで!と抗議が殺到し
かの映画、寅さんシリーズが始ったんです
でも当初はファンの為に特別編として
5作品で完了する予定だったのですが
予想以上の大ヒットだったので
5作以降は山田洋次さんがすべて
脚本からメガホン取るようになったのです。

ちょっと蛇足しますが私がエジプト旅行行った時、こんな話があります
(とは言っても20年以上前ですが)
エジプトの有名な大学で、日本の文化を学ぶ教材として
なんとあの男はつらいよシリーズを取り上げて見させてました
それを知ったとき、何故か誇らしく思いました。
後、海外ロケ初(ウィーン)での撮影は
当時オーストリアのウィーン市長が
旅客機に乗った際、機内で流れた寅さんにえらく感動してファンになり
是非ともうちの国で撮って欲しいと山田洋二さんに
それはそれは熱いラブコールを何度も送って実現したのです
って、これじゃ寅さんマニアだってバレテw
  1. 2009/10/17(土) 03:40:41 |
  2. URL |
  3. ヘリオポーズ #l7H4TccY
  4. [ 編集]

あ、じゃあ寅さんのラストって、マニアには有名なエピソードだったんですね。
渥美清の『泣いてたまるか』なんかはけっこう見てたんですが、
なぜかテレビ版の『男はつらいよ』は一度も見た記憶がないんですよね。
なぜだろう。当時の裏番組がなんだったのか気になりますw

映画の『男はつらいよ』は、いかにも日本的な情緒を描いてるようでいて、
案外世界に通じるものがあるんでしょうね。
というか、ヘリオポーズさんはエジプトに行かれたことがあるんですね。うらやましい限りです。

>地球上で一番猛毒を持ってるという
>ウミウシに似た海の生物も載ってるんでしょうね・・

イワスナギンチャクかな、載ってました。

  1. 2009/10/24(土) 02:44:51 |
  2. URL |
  3. kon #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。