針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

古代ローマ帝国の遺産

rome02.jpg
国立西洋美術館で『古代ローマ帝国の遺産 栄光のローマと悲劇の街ポンペイ』を見る。

3年くらい前にも『ポンペイの輝き』という巡回展があったけれど、それに比べると全体の構成がちょっと散漫な印象がある。(そういえばメナンドロスの家の「アポロ像」はそのときにも来ていたっけ)

とはいえ、壁画や彫像など、ずいぶんみごたえのあるものが多く、かなり楽しめた。

数年前に東大の調査団が発掘した『豹を抱くデュオニュソス』像や『ペプロスを着た女性』像は興味深かったし、座った状態で2メートルを超えるアウグストゥスの座像なんかはド迫力。

さらに「黄金の腕輪の家」と呼ばれる邸宅からの2~3メートルある壁に描かれたフレスコ画は、当時の邸の雰囲気がよく伝わるものだったし、アーチ型の噴水の周囲を飾る貝殻やモザイクも生々しいイメージだった。これらは展示のための運搬がなかなか大変そうだ。

おまけとして青銅の『アレッツォのミネルウァ』が特別出展されている。これは以前修復した部分がまちがっていたことがわかったので、最近修復しなおしたものだそうだ。

最後にポンペイをCGで再現した映像を見せるコーナーがある。
この手のものは最近は3Dメガネの出番が多いが、今回はふつうのCG映像。
立体視などせずとも、復元CGがうまくできていたら充分たのしめることを証明してくれた。
ただ、この映像が15分くらいある。どのくらいの長さなのかを知らずに見ていたので、途中で立っているのがしんどくなった。なにしろ椅子が12人分しかないのだ。これはなんとかしてほしい。

来年3月から横浜で『ポンペイ展』がはじまるので、そちらも期待したい。
  1. 2009/09/24(木) 23:22:13|
  2. 展覧会/博物館
  3. | コメント:2

コメント

・・・いいですねぇ・・こういうの

古代ギリシアローマ、そして古代オリエント・・
当時から現代まで早送りしてその時代や
人々の暮らしの変化を見てみたいものです
ロマン溢れます。
こういうの観たあと、世界七不思議の謎を追いたくなりますw

そーいえば、昔の映画って考えてみれば(モノクロでも)
例えばローマの休日やら、ナイル殺人事件等
今の様にCG制作じゃなく
その当時のそのままの物を使って撮影してるから
今現在はもう無い建物とか人々の息吹が写されて
ある意味、それらも何時かは博物館に並べられる様な貴重な記録フィルムですよね
  1. 2009/10/08(木) 16:30:24 |
  2. URL |
  3. ヘリオポーズ #x2aT5VkE
  4. [ 編集]

そうですね、昔の映画も撮影から何十年も経つと、たとえ制作者が意図しなくてもそれ自体が歴史的資料となりえますよね。

ちょっと話がずれるけれど、最近なにかと話題にのぼるグーグルのストリートビューなんかも、「記録」という意味では後々まで残ったら価値がありそうな気がします。
  1. 2009/10/14(水) 22:32:07 |
  2. URL |
  3. kon #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。