針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち

 ようやく出ました、DVD。
 以前あったビデオとLDは、中身は日本語吹き替えだったし、モノラルだし、ずっと前に廃盤。
やっときちんとしたDVDが出ました。
ということで、LDとDVDと原作本で記念撮影。

ウォーターシップ・ダウン


 1979年のイギリスアニメですが、コレが滅法おもしろい。
うさぎが主人公と聞くと、子供向けの甘ったるいお話を想像しがちですが、まったく違います。
かなりハードなストーリー。
 特に原作は声を大にしておすすめできる名作です。

 映画はずいぶんとダイジェストになってしまっているけれど、ほぼ原作どおり。
変にいじり回してないので好感が持てます。

 主題歌はアート・ガーファンクル。日本版の歌は井上陽水。
主題歌も含めて、ようやく原語で見ることができるのがうれしい。
特典としてスタッフのインタビューもあるからうれしい。
 
 でも、ほんとにアニメよりも原作がおすすめ。超が付くほどおすすめ。

 ところで、アマゾンで「ウォーターシップ・ダウン」でDVDを検索してもヒットしません。
おかしいと思ったら映画のタイトルには「・」がないんですね。
ついでながら作者名の表記も
「リチャード・アダムズ」か「リチャード・アダムス」か、
そろそろどっちかに統一してくれないと、検索するときに困るなあ。

 
 9月に評論社から改訳新版の単行本が出るそうです。
ところが評論社のウェブサイトでタイトルを入れて検索しても、既刊のものしか出ません。
ははあ、本のほうも「・」をはずしたのかなと思って「・」抜きで検索。
やっぱりヒットしない。
「ウォーターシップ・ダウン」だけで検索したら、ようやく出た。

どうやら『ウォーターシップ・ダウンのウサギたち』になるらしい。
「うさぎ」がカタカナになってます。うーん、馴染めないなあ。
新潮文庫で、スタインベックの『二十日鼠と人間』が『ハツカネズミと人間』に変わったとき以来の違和感。

でも楽しみです。
  1. 2006/07/25(火) 08:06:47|
  2. 映画/テレビ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。