針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

上村松園 美人画の粋

関東地方は梅雨が明けた。
きのうは千鳥ヶ淵の山種美術館まで
『上村松園 美人画の粋』 という展覧会を見にいく。
没後60年記念。
この美術館は秋には移転するらしいので、当地では最後の展覧会。
上村松園の絵が18枚も公開されていた。

松園さんは60代以降の作でも、線にみずみずしさが変わらないのがすごい。
松園
小冊子のような図録が500円で売られていた。
こういう安価なものがあると安心する。
このごろは大きい規模の展覧会になると、人を殴り殺せそうなほど重たい図録が
主流で、買ってしまうと荷物になり、ほかに寄りたい場所があっても、
まっすぐに家に帰るはめになることがあるのだ。

------------------------------------------------------------

天気がよかったので、ついでに千鳥ヶ淵あたりを散策。
レンガ造りの建物があったので覗いてみると、国立近代美術館工芸館と看板が。
V6010071.jpg

戦時中は近衛師団の司令部だったところらしい。

私の家は東京の西東京市なのだが、まだセミが鳴かない。
皇居の周辺はさすがに樹木が鬱蒼としてるせいか、さかんにセミが鳴いていた。
  1. 2009/07/14(火) 20:19:07|
  2. 展覧会/博物館
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。