針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トゥルー・ナイト

トゥルー・ナイト [DVD]トゥルー・ナイト [DVD]
(発売日:2008/12/19)

制作年 : 1995年
制作国 : アメリカ
原題 : FIRST KNIGHT
監督 : ジェリー・ザッカー
脚本 : ウィリアム・ニコルソン
音楽 : ジェリー・ゴールドスミス
収録時間 : 133分


きのうに引き続き、アーサー王ネタの映画を。
こちらはファンタジックな要素が皆無。
ラーンスロットとグィネヴィア、アーサーの三角関係の部分のみに絞り込んでいて、ひじょうにわかりやすい娯楽映画ってかんじでした。

アーサー王にショーン・コネリー。
ジュリア・オーモンドがなかなか魅力的なグィネヴィア姫役。 
リチャード・ギアのラーンスロットはあんまり似合ってるとは思えないけど、立ち回りなんかはけっこうおもしろいものがありました。
ただし、この映画のラーンスロットの設定には、「騎士」らしさはほとんど感じられなかったです。

キャメロット城内とかセットは凝っているんだけど
円卓の騎士たちの着てる服のデザインが、なんだかユニフォームみたいで、ちぐはぐな印象。

三角関係に絞るなら、もっとアーサーとラーンスロットの信頼関係みたいなのが描けてればおもしろかったかなと。
とまれ、ストーリーがまっすぐすぎるんで、わざわざアーサーを使わずとも、『トリスタンとイゾルデ』でもよかったんじゃないかなあ、なんて思ってしまいました。
  1. 2008/12/28(日) 02:58:00|
  2. 映画/テレビ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。