針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

センター・オブ・ジ・アース3D


池袋シネマサンシャインにて試写会。

ジュール・ヴェルヌの『地底旅行』が原作ですが、そのままじゃなくて現代が舞台になってます。
『地底旅行』に書かれていたことは全部本当にあったことだったということを、科学者とその甥(と山岳ガイド)が発見するというSF冒険活劇もの。
主人公に『ハムナプトラ』シリーズのブレンダン・フレイジャー。声は沢村一樹。ちょっと合ってないかんじ。甥っ子に『テラビシアにかける橋』のジョシュ・ハッチャーソン。ガイドのおねえちゃんは初めて見た顔の女優さんで、声は矢口真里があててます。観てるときは誰の声か知らなかったけど、違和感なかったですね。矢口うまい。

で、この映画はタイトルにあるように3D上映です。
意外なことに、この映画が日本で初めてのフル3D実写映画全国上映作品だそうです。そういえば去年の『ベオウルフ』とか『ルイスと未来泥棒』はアニメーションだし、3Dじゃないスクリーンも多かったんでしたっけ。

『センター・オブ・ジ・アース3D』は、言ってしまえばファミリー向けの冒険活劇ものなので、ストーリー自体は目立って面白いわけでもなかったけれど、アトラクション感覚で楽しむものなので、これでOK。
試写会場のお客さん、特に子どもたちは大喜びで観てました。ありがちだなあと思う映像でも、それが飛び出してくるだけで、どうしてなかなか新鮮に見えるんですね。3Dの本領発揮といった画面作りは見ごたえあります。
まあ私は3D大好きなので、最初にニューラインシネマのロゴが飛び出した時点でニコニコしてましたが。

3D映画は今後もジェームズ・キャメロンの『アバター』とか、ロバート・ゼメキスの『クリスマス・キャロル』とか、ティム・バートンの『アリス』といった新作も控えてるし、『トイ・ストーリー』のシリーズも続々3D化されて公開されるというし、ますます楽しみであります。


追記:公式見てみたら、2Dで公開する映画館もけっこうあるんですね。
可能ならば3D上映の劇場まで足を運ぶことをおすすめします。
  1. 2008/10/23(木) 23:31:37|
  2. 映画/テレビ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。