針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

楽しい昆虫料理

楽しい昆虫料理楽しい昆虫料理
(2008/07/18)
内山 昭一

商品詳細を見る
これはまずタイトルがいいですね。
日本にはイナゴやハチの子など、古くから虫を食べる習慣があるのに、最近はゲテモノ喰い扱いされることも多くなりました。
昆虫食に関する本は今までも何冊か読んだことがあるけれど、この本はレシピが詳しく載っているのが一番の特徴。和洋中をはじめ、エスニック料理やデザートも含め、じつに79ものレシピ付き。巻頭には虫料理のカラー写真がふんだんに収録されています。
さらに食材の入手・採集方法まで書いてある念の入れよう。ちょっと作ってみたい気もする。
自分の場合、佃煮とか唐揚げならたいていのものは大丈夫と思ってますが、色や形がそのままで水気のあるものに入ってる虫料理はちょっと苦手です。
この本で紹介してあるレシピで、こりゃ絶対無理だなあと思ったのは、「虫のキムチ漬け」というもの。材料は、カイコ(さなぎ)、ツムギアリ(さなぎ、幼虫)、スズメバチ(さなぎ、幼虫)、サクサン(さなぎ)、タイワンタガメをキムチに漬けたものなのですが、ひとつひとつはともかく、大小さまざまな虫がキムチに混ざった姿が異様すぎる(^^;

奥本大三郎さんとの対談も載っていて、これがまたおもしろかった。
  1. 2008/08/14(木) 09:00:07|
  2. 読書
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。