針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

崖の上のポニョ

ポニョ
試写会に行ってきました。
宮崎駿監督の新作。5歳の男の子宗介と、人間になりたい魚の女の子のお話。

これは面白かったです。

今回は手描きの味にこだわって作られているらしく、背景も絵本風な手描きのものになってます。おそらく林明子さんの絵本『はじめてのおつかい』あたりの色使いを意識してるんだと思いますが、優しいタッチが効果的に使われていました。

ポニョの表情も動作もめちゃくちゃかわいいんですが、
ある意味、すげえおっかないです(笑)。

いや、たぶん普通に見てる人はそんなことはないと思うんですよ。
近くに座ってた子供たちも、おおはしゃぎしながら見てたし。
でも、ときどき見せる魚的表情が、自分にとっては妙に怖かったw

大きな見せ場となる大雨と風、荒れた海の大迫力の描写は、もう「凄い」としか言いようがない。

あんな海、今まで一度も見たことがない。

ほんと凄い。やばいくらい凄い。
映像を目で追うだけで、体中の細胞が活性化するような気持ち良さ。
なんか音楽もワルキューレの騎行みたいになってて、笑えた。

怖いといえば、後半で『パンダコパンダ/雨ふりサーカス』みたいな描写が出てくるんですが、そのあたりからの展開が、ちょっと白昼夢のようで、見ようによってはおっかない。

物語の後半、これじゃ説明が足りてないでしょうと思ったんですが、もしこれが映画じゃなくて絵本だったら、あれで大丈夫なのかも。
そうか、『ポニョ』は「ファンタジー」じゃなくて「童話」だと思えば、後半の描写も少し納得できます。
ただし子供向けのものにしては尺が長すぎ。
そのかわりエンドロールがびっくりするくらい短い。これは意表を突かれたw

うーん、もう一回観にいきたいな、これ。
不満な部分もあるけれど、おおかた満足です。

宮崎駿監督といえば、毎回出てくるおいしそうな食べ物の表現もちゃんとありました。試写会の帰りには、宗介くんたちが劇中で食べてたアレを買って帰って食べたのは言うまでもありません。

気になったのが、宗介が親の名前を呼ぶときに呼び捨てなんだけど、そういう家庭って増えてるんですかね?そういう子はクレヨンしんちゃんの家以外では見たことないんで。
どうもそれは好きになれないかな。
  1. 2008/07/10(木) 05:37:22|
  2. 映画/テレビ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。