針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スピード・レーサー

GO SPEED RACER GO MOVIE SOUND TRACK


40年前のアニメ『マッハGoGoGo』の映画化です。私はリアルタイムで毎週楽しみに見てました。
アメリカでも日本を上回るほど人気のあったアニメですが、ウォシャウスキー兄弟が監督したこの映画版、意外なことにヒットしなかったようで、日本でもなぜか出足が悪い。
あまり客入りが悪いと小さいスクリーンに変えられちゃうので、早めに観てきました。

極彩色のド派手なレースコースをCMで見て、F-ZEROというレースゲームを思い浮かべた人も多いんじゃないでしょうか。動きもけっこうF-ZEROっぽいです。ガツンガツンぶつかりあうし。タイヤが付いた超高速ベーゴマってかんじです。

レースコースのみならず、主人公たちが暮らす街や家、部屋の壁紙やら服にいたるまで、すべてが原色が基調になっていて、これはまるで、カラーを色指定で表現したアメコミのような世界。
だけどストーリーはずいぶん生真面目な取り組み方。中年以上の原作ファンも、昔のアニメなんか知らないよって人も楽しめるストーリー。
アニメやゲームを原作にした映画によくあるように、たとえば肝になるマッハ号だけ出して、あとはまったく好き勝手にやるという方法もあったでしょうが、この映画にはオリジナルに対するこだわりと敬意と愛が感じられます。人間同士の格闘シーンですら、オリジナルの漫画チックな動きを意識して再現する凝りよう。

劇中でギスモ号(偵察に使う鳥型のアレ)なんかを紹介したわりには一度も活躍しなかったところを見ても、ヒットしたら続編を作る予定はあったんじゃないかと思えますが、無理でしょうかねえ。

エンディングで流れるテーマ曲が日本語まじりのやつで、それだけで否応なく燃えます。
車で映画館に行った人は、帰りは加速しすぎないように注意が必要。
  1. 2008/07/09(水) 10:34:31|
  2. 映画/テレビ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。