針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

インディimg006

途中で少しだけ中だるみを感じたけれど、オープニングからラストシーンまで、おもしろい娯楽映画でした。
てっきり今回のアクションはシャイア・ラブーフに任せて、ハリソン・フォードは頭脳戦で行くのかなと思ってたのにさにあらず。65歳のジョーンズ教授、ガンガン飛ばしてます(若干もっさり感はあるんだけど)。

ケイト・ブランシェット演じるソ連のエージェントがかっこいいです。ウクライナ訛り?な英語もいいし、決めポーズがいちいちかっこよすぎ。惚れた。

今回はあえて予告動画も見ずにおいたので、人物関係でけっこうびっくりな展開もありました。これはどんな映画でもそうだけど、あんまり見る前に情報を仕入れないほうがいいですね。いざ見たときの意外性がなくなっちゃう。
パンフレットも、上映まで時間があるからといって先に買って読んじゃうと損です。映画によっては大事なオチまでわかるような書き方をした解説もありますし。
今回のパンフは、今までのシリーズを見ていない人も楽しめるような工夫がされていて、写真も豊富だし、いい編集に思えましたが、やっぱり先読み厳禁ですね。

スピルバーグは、インディを知らない若い観客のために撮ったようなことを言ってましたが、私はむしろ今までのファン向けた映画のような気がしました。
ラストシーンは、思わずニヤリとしちゃいます。


あ、クライマックスに出てくるアレについて賛否両論あるようですが、個人的にはぜんぜんオッケーでした。
冒頭からアレのにおいがぷんぷんしてたわけだし。
  1. 2008/06/24(火) 18:30:08|
  2. 映画/テレビ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。