針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

REC/レック

スペイン製ホラー映画。かなり楽しめました。
『ブレア・ウィッチ』とか、最近だと『クローバー・フィールド』もそうでしたが、手持ちカメラを使うことによって、その現場に自分が居合わせているかのような臨場感を出してます。リアルな「お化け屋敷」を体感しているような気分。
後から考えると少々腑に落ちない部分もあるけど、勢いで見れるので、見てる最中はほとんど気になりませんでした。

消防署の取材をしていたテレビのレポーターとカメラマンが、緊急出動する消防隊員と共に、とあるアパートに向かう。そこには謎の病気で凶暴化した人間が。感染を恐れた当局は、アパートの出入り口を閉鎖。中に残された人たちの恐怖の一部始終をカメラが収めた、という設定。

トレーラー




こちらはスペインの映画祭での観客のリアクション。


↑実際の画面見せるよりこういうののほうが宣伝効果あるかも。

私もここまでじゃないけど、何度か体がビクッとなりました。

まあ一言でいうとゾンビ映画なんですが、場所が5階建てのアパート内に限定されているために、相当な緊迫感と閉塞感を味わえます。
ゾンビ(というか感染者?)は、『28日後』とかリメイク版『ドーン・オブ・ザ・デッド』に出てくるような、すばやい動きをします。今やこの手の高速ゾンビのほうが主流になってしまってますね。

しかし上映館が少なすぎて涙目。

それと、パンフレットの情報が少なすぎでしょ。
表紙含めて12ページ。
あらすじと解説と監督のプロフィールくらいしか載ってない。
公式サイトで読めることしか載ってないんじゃ、手を抜いてると思われてもしょうがない。

でも特製の血まみれデザインの袋に入れてくれたから、まあいいか。
                     img001.jpg


ところでこの『REC』、すでにハリウッドでリメイクされていて、そちらは米国で10月に公開だとか。
リメイク版のタイトルは『QUARANTINE』。トレーラーはいい場面を見せすぎの気がするので、あえてここには貼りません。見たかんじでは、かなり『REC』に忠実に作ってるみたいです。

ただ、主演女優は『REC』のほうが圧倒的に自分の好み。
「だけじゃないテイジン」のCMの子にちょっと似てるなー。
  1. 2008/06/17(火) 20:02:11|
  2. 映画/テレビ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。