針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クレオパトラ

クレオパトラ関連の映画を何本かまとめて観てみました。

『クレオパトラ』
クレオパトラクレオパトラ
(2006/10/13)
エリザベス・テイラー

商品詳細を見る
制作費が莫大なものになりすぎて、20世紀フォックスの屋台骨が傾いたという有名なエピソードがありますが、確かにセットの豪華さもエキストラの量も半端じゃないです。人件費だけでもたいへん。

この映画のおかげで、クレオパトラといえばエリザベス・テイラー、というイメージが定着したくらい有名な映画ですが、じつは私、通して最後まで見たのは今回が初めて。昔テレビで放送したときは、途中でうたた寝してしまったのでした。

amazonの解説によると、
「日本語吹替音声計約181分収録。※現存するテレビ放送当時のものを収録しております。一部吹替の音源がない部分は字幕スーパーとなっております。」
とのこと。吹き替えで見ていると、所々でいきなり英語になるのでちょっと驚きます。
本来の上映時間は244分らしいので、テレビ放映では相当な量をカットしてありますね。

アレキサンドリアの図書館が火事になって嘆くクレオパトラとか、カエサルに世界をひとつにする夢を語る部分とか、けっこうキャラクター付けとして重要な部分もカットしていて、カットする部分の基準に疑問も出てきます。ということはカエサルとクレオパトラが最初にキスするシーンも放映時にはなかったということか。

そんなこんなで、初めて通して見たけれど、案外おもしろい映画でした。
たぶん、若いころはこういった史劇をあまり好きじゃなかったせいで眠くなったんじゃないかなあ。

長いといっても、じつはもっと長かったのをバッサリ縮めてあるそうです。当初は二部作での上映という構想だったそうで、本当は6時間もあるのだとか。いつか完全版が出るんだろうか。

『クレオパトラ』
クレオパトラクレオパトラ
(2006/12/14)
クローデット・コルベールウォーレン・ウィリアムズ

商品詳細を見る
こちらはセシル・B・デミル監督の1934年の映画。
クレオパトラは『或る夜の出来事』のクローベット・コルベール。
これは500円のDVDなので画質はよくないです。
クレオパトラの衣装がけっこうエロい。お色直しよろしく頻繁に着替える衣装も見せ場になってます。
中には『バンピレラ』風なビキニっぽいのもありました。髪型がアレなもんで、よけいバンピっぽく見える。時代を考えると相当なお色気っぷりなのでは。
クローデット・コルベールは正面顔がちょっと特殊というか、個人的にあまり好みではないのだけれど、横顔などは雰囲気はあります。この人はやはりデミルの『暴君ネロ』という映画で、ネロの妻ポッパイアを演じていたらしいです。私はスチール写真でしか見たことがないんですが、その衣装もかなりきわどいデザインでした。

『レジェンド・オブ・エジプト』
レジェンド・オブ・エジプトレジェンド・オブ・エジプト
(2005/09/09)
レオノール・ヴァレラ

商品詳細を見る
仰々しいタイトルだけど、原題は『CLEOPATRA』。劇場用ではなくテレビムービー。
マーガレット・ジョージの『追憶のクレオパトラ』という小説が元ネタらしい。
ティモシー・ダルトンがカエサル役。(関係ないけどこの人の笑顔は白土三平の漫画みたいに見える。)
なかなか壮大なスケールで、セットも大掛かりです。
このドラマではそれぞれの役割がわかりやすく割り振られていて、自分自身を褒め称えるカエサルとか、弱音吐くアントニウスとか、いかにも小物のブルータスとか、性格付けが全体に現代風。
オクタヴィアヌスは完全に悪者っぽく描かれてます。
クレオパトラを演じたレオノア・ヴァレラはフランス人とチリ人とのハーフだそうで、エキゾチックな顔立ち。

『ローマン・エンパイア』
ローマン・エンパイアローマン・エンパイア
(2004/07/02)
ピーター・オトゥール

商品詳細を見る
原題: IMPERIUM: AUGUSTUS
2003年制作イタリアのテレビ映画。
アウグストゥスをピーター・オトゥール、妻リヴィアをシャーロット・ランプリングが演じてます。晩年のアウグストゥス帝が若いころを回想しながらストーリーが進んでいく趣向。こんなふうに話が前後するシナリオは、流れが分断されてしまって個人的にあまり好みではないけれど、わりと楽しく見れました。
回想シーンにはカエサルもアントニウスもクレオパトラも出てきますが、あくまでも主役のオクタヴィアヌスの視点なところが珍しい。
シャーロット・ランプリングはさすがな存在感。めちゃくちゃいい目つきをしてくれてます。娘時代のリヴィア役の女優さんも目に力がありました。30億円かけたという話ですが、セットなども、なかなか見事でした
  1. 2008/08/01(金) 22:10:22|
  2. 映画/テレビ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。