針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アース

アース2

虎ノ門のニッショーホールにて『アース』試写会。

《「ディープ・ブルー」「プラネットアース」のスタッフが贈る、かつてない生命の旅》

というキャッチフレーズなんですが、自然を写したドキュメンタリー映画としては出色の出来。
北極のシロクマからはじまり、ものすごい数のカリブーの大移動、それを狙うタイリクオオカミ、移動距離が長いので、一生のうちに同じ場所を通ることがないかもしれないというオオヤマネコ、求愛ダンスがユーモラスなゴクラクチョウ、水を求めて群れで移動する象、その象を集団で狩るライオン、荒れた海でもヒレで海面を叩く音によって、お互いの位置を確認するザトウクジラの親子等々。どの映像もふつうでは見ることができないような貴重なものです。

でも、これって昨年NHKで放送された「プラネットアース」のダイジェストですよね。
確かに「超」が付くほどすごい映像がてんこもりなんですが、以前放送されたものを見たり、DVDを買った人には、新鮮味に欠けるかもしれません。
テレビ版は、地球のさまざまな土地の生態系のようすを、毎回1時間、11回に分けて放送していたので、それを98分にまとめたこの映画は、さすがに少々散漫な印象を受けました。

ただし、家庭のテレビで観るのとは違って、同じ映像でも大画面だとやはり迫力がありましたし、テレビ版では使ってないカットもありました。そして音がこれまたすごい。動物の声なんかは、テレビで観たときよりも、ずっと臨場感にあふれてます。

以前観た『北極のナヌー』と同じような視点で、『アース』も映画を締めくくってます。
北極の氷が張る期間が短くなってしまったために、狩りのチャンスが減ってしまうシロクマを紹介することで、温暖化についての問題意識を持ってもらおうという趣旨。

ただし、氷の上で狩りをするシロクマの様子を見せてくれないので、氷がどれくらい大事なものなのか、観ているほうにはどうも伝わりにくいんじゃないかなと思ったり。

日本語のナレーターは渡辺謙。落ち着いたいい声です。

気になったのが、画面に動物や鳥の名前が一切出ないんですね。こういった映画は、動物が出てくるたびに、多少うるさくても字幕で名前を出したほうが親切なんじゃないかなと思いました。子供も見るんだしね。

公開は来年1月だそうです。
  1. 2007/11/29(木) 22:46:14|
  2. 映画/テレビ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。