針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゼルダ

スーパーで『ゼルダの伝説 大地の汽笛』のチョコエッグを見かけたので二個買う。
剣を持ったリンクとファントム(ゼルダ姫)が欲しかったのだが、
運よくその二つが出た。
そして久しぶりにチョコエッグを食べたら、けっこううまかった。
前より味が良くなったのかな。
RIMG0509_convert_20110224030453.jpg

それにしてもちょっとチョコエッグの発売時期をはずしてしまったのでは?

ゼルダの伝説 大地の汽笛ゼルダの伝説 大地の汽笛
(2009/12/23)
Nintendo DS

このタイトル、少し前に新品をワゴンセールで1300円くらいで売ってた。
アマゾンでも安く買える。
この値崩れには驚いちゃうけど、遊んでみるとさすがにゼルダ、おもしろかった。
ただ、DSでアクションをやるのは正直しんどい。
タッチペン操作もあまり好きではない。

チョコエッグ、どうせなら『大地の汽笛』のキャラだけじゃなくて、シリーズ全体から選んで作ってくれないかな。
個人的に欲しいのは、メドリとかルト姫とか。
スポンサーサイト
  1. 2011/02/25(金) 03:12:57|
  2. ゲーム
  3. | コメント:0

昔ばなし

まんが日本昔ばなし DVD-BOX 第1集(5枚組)まんが日本昔ばなし DVD-BOX 第1集(5枚組)
(2011/04/01)
市原悦子、常田富士男 他


『まんが日本昔ばなし』が初DVD化されるらしい。

今までDVDになってなかったことに驚いた。

私は子供のころから昔話や伝説の類が大好きだったので、この番組が放送されたときはうれしかった。
有名な「昔話」より、マイナーな「伝説」のほうがせつない話が多くて好きだったな。
それも怖い話のほうが記憶に残っている。
『吉作落とし』とか『子投げ潮』みたいなリアルな怖さのやつもあれば
『十六人谷』『踊る化けもの』『岩魚の怪』『茸の化け』のような物の怪ものも大好きだ。
でも個人的に一番怖かったのは『爺さん、おるかい』。
当時はベータのビデオに録画したっけ。

ただ、これはシリーズ全話がDVD化されるわけじゃないらしい。
全1468話のうち、240話だけだそうだ。
しかもDVD一枚に4話しか入れないケチくさい仕様。なんか中途半端だ。
長年にわたって国民に愛されたアニメのDVDなんだから、この際全話リリースすべきじゃないだろうか。
もちろん親子で気軽に楽しむためのベスト盤はあってもいいんだけど、
濃いファン向けに、コンプリートBOXが欲しい。

いっそのこと、ちょっと前に話題になった、ハリー・ポッターの映画6本入れたHDDとか、プレイボーイ誌52年分収録のHDDみたいにハードディスクにぶちこんで売ってしまうのもいいかも。

BUFFALO ハリー・ポッター リミテッド・エディション 外付けハードディスク 1.0TB HD-LB1.0TU2/HPX6BUFFALO ハリー・ポッター リミテッド・エディション 外付けハードディスク 1.0TB HD-LB1.0TU2/HPX6
(2010/11/11)
バッファロー

  1. 2011/02/24(木) 02:11:11|
  2. 映画/テレビ
  3. | コメント:2

運慶展

unkei.jpg

横浜の金沢文庫で開催中の『運慶 中世密教と鎌倉幕府』と題した展覧会へ出かける。
運慶の彫った仏像で現存するものはごく少なく、そのうち7点もが一堂に会するというのは滅多ないそうなので、いい機会なので散歩かたがた見学してきた。

帰りは隣接した称名寺をちょっと散策。池に赤い太鼓橋が架かっていて風情がある。

 RIMG0428_convert_20110212151907.jpg

金沢文庫駅は初めて行ったけれど、古い家がまばらに残った雰囲気のいい町並みで、駅前商店街もこじんまりした中にも活気があっていいかんじ。
  1. 2011/02/12(土) 16:19:42|
  2. 展覧会/博物館
  3. | コメント:0

珍妃の井戸

珍妃の井戸 (講談社文庫)珍妃の井戸 (講談社文庫)
(2005/04/15)
浅田 次郎


浅田次郎の珍妃の井戸を読む。
直截的ではないけれど、『蒼穹の昴』の続編。
光緒帝の寵愛をうけた珍妃が、義和団事件の折に西太后の命令で井戸に投げ入れられて殺されたのは本当なのか、
イギリス、ドイツ、ロシア、そして日本の高官4人が謎の究明に乗り出すのだが、彼女の最後を見たという関係者たちの証言がことごとく食い違う。芥川の『藪の中』のような趣の小説。

日中合作のテレビドラマで『蒼穹の昴』をやっているけれど、ドラマは最初の数回で挫折しそうになった。
あまりにも原作と違いすぎるという印象だったので。
ところが我慢して見ているうちに、ドラマはドラマで面白く感じられるようになってきて、今は原作とは別なものと考えて毎回楽しみにしている。ドラマオリジナルのエピソードも多い。

なによりも田中裕子の演ずる西太后がすばらしい貫禄で、それだけでも見る価値あり。

ただ、ときどきダイジェストみたいな編集をするときがあってびっくりする。
日本の放送時間が中国よりも短いのかな?
  1. 2011/02/08(火) 14:29:35|
  2. 読書
  3. | コメント:0

ガフールの伝説

ガフールの伝説 ガフールの伝説
(2011/02/02)
ジム・スタージェス、エミリー・バークレイ 他


ザック・スナイダー監督の『ガフールの伝説(原題:Legend of the Guardians: The Owls of Ga'Hoole)のDVDが出たので鑑賞。

1時間半くらいしかないから仕方ないけど、主人公の仲間になるフクロウたちの個性が出し切れてない。もうちょっと活躍させてあげて、と思ってしまった。

ただしそれぞれのキャラクターデザインはすごく良くて、たとえば同じメンフクロウでも、人のよさそうな奴やら冷血漢やら、リアルな造形なのにデザインに細かい工夫がしてあって、そこが楽しい。

それと、個人的に原作で一番印象的だった「月光麻痺(月の光を使ったマインドコントロール)」の描写もよかった。恍惚になったときのフクロウのヤバイ顔つきがいい。でも説明はかなり不充分。

不充分といえば、中盤までは駆け足で話をはしょってしまうために、感情移入する前に話しがどんどん進んでいっちゃうし、どうもファンタジー特有の「約束事」が伝わりにくいのではないかと感じた。

それでもクライマックスの戦闘シーンは迫力の出来。このバトルは映画館の3Dで見たら相当楽しそうだ。

原作は日本では今11巻まで翻訳されてるらしい。自分はフクロウが火を使うことにどうしても馴染めなかったので、3巻で挫折。(映画化されたのは3巻までの話)

それにしても、飛んでいるときのフクロウの羽毛の動きがすばらしくきれい。
こういった動物のCGを見るたびにいつも思う。リチャード・アダムスの『ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち』をフルCGアニメでリメイクしてくれないかなあ。
  1. 2011/02/04(金) 06:50:16|
  2. 映画/テレビ
  3. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。