針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ポンペイ最後の日」を2種類

ポンペイ最後の日ポンペイ最後の日
(1962/04)
ヴルウェー

商品詳細を見る

タイトルだけは昔からよく知っていたけれど、読むのは初めて。
主人公は富裕なギリシア人グローカスと、絶世の美女アイオンだが、彼らに仕える盲目の奴隷少女ニディアに肩入れして読んだ。

この訳は、なんと原文の半分ほどの縮訳だそうで、あとがきによると、ポンペイの風俗、習慣などの描写を削らざるを得なかったそうだ。でもじつはそういう部分こそ読みたい。なんとなれば、削られずに残った風俗描写がかなりおもしろかったので。

そして半分にカットされたせいか、登場人物の関係やそれぞれのエピソードがちょっと不自然だったり、あるいは唐突だったりする。
物語自体はひじょうに面白いと思うので、一度全訳を読んでみたい。(あるんだろうか。)

初版が昭和37年。これは第7版だったが、それにしては誤植の多さが気になった。
とはいえ、現在入手できるリットン卿の『ポンペイ最後の日』の邦訳は、じっさいのところこの本だけのようなので、貴重ではある。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ポンペイ最後の日 (講談社青い鳥文庫)ポンペイ最後の日 (講談社青い鳥文庫)
(2001/05/25)
エドワード ブルワー‐リットン

商品詳細を見る

こちらは子供向けの「青い鳥文庫」なので期待はしていなかったが、上記の中央出版社版よりさらにダイジェストだった。
キャラクターそれぞれの関係もあっさりしたものだし、紙数の制限があるためだろう、とにかくあまりに目まぐるしく展開するので、話についていくのがたいへんだ。
ただし中央出版社版では割愛されている部分がこっちで読める箇所もいくつかある。
たとえば敵役のエジプト人がイシス女神に祈ると女神像の目が光った、という魔術的描写など。

この本は絶版になっていたので、図書館で借りた。
スポンサーサイト
  1. 2010/07/19(月) 22:30:14|
  2. 読書
  3. | コメント:0

ニコライとアレクサンドラ

ニコライとアレクサンドラ [DVD]ニコライとアレクサンドラ [DVD]
(2010/02/03)
フィオナ・フラートン、マイケル・ジェイストン

商品詳細を見る

フランクリン・J・シャフナー監督の『ニコライとアレクサンドラ』が1500円の廉価盤になっていたので購入。

ニコライ2世に待望の皇太子が誕生するシーンから始まり、ロマノフ家の滅亡までを描く歴史長編。
ときおり場面転換が変なところもあるけれど、3時間の長丁場を飽きずに見れた。
衣装も凝っていて、アカデミーの美術と衣装デザイン賞を受賞している。(なぜか宝石類はあんまり高価そうに見えなかった)

ニコライ二世をはじめ、ラスプーチンやレーニンなど、役者陣はなかなか雰囲気が出ていて、特にラスプーチンを演じたトム・ベイカーの目つきが怪しいというか、かなり気味が悪くていいかんじ。
ただ全体のスケール的にはもうちょっとがんばってほしかった。血の日曜日のシーンなども緊迫感が足りないと思う。

ラストは、結末がわかっていても、やはりハラハラする。
  1. 2010/07/18(日) 20:52:05|
  2. 映画/テレビ
  3. | コメント:0

ガシャポンのホタルの携帯ストラップ。
Image133.jpg

価格は200円。
大きさが、これ、ちょうど“台所の黒い衛生害虫”と同じくらいなので
人によっては相当イヤかもしれない。

腹にあるスイッチを押すと、LEDライトが光る。
Image132.jpg
光ればなるほどホタルらしくなる。
でも指を離すと消えちゃう。
残念なことに電池の交換もできない。ふはっ。

ガシャポンということで、いろんな種類があるのかと思いきや
ゲンジとヘイケの2種類だけしかない。
でもそれぞれ胸部の色違い(緑とか黄色とか)が8色用意されている。
うーん、あまりコンプリートしようと思う人はいないんじゃなかろうか。

ていうか、ベッコウヒラタシデムシっぽくも見えるナ。
  1. 2010/07/17(土) 18:34:06|
  2. | コメント:0

姿勢

おとといから左の後頭部がズキズキ痛む。今まで感じたことのない痛み。
どうもきもちが悪い。
半年ほど前から首筋が突っ張るし、手にも痺れがあるので、
さすがにちょっと心配になって病院へ行ってきた。

CTとレントゲン撮影の結果、脳には異常はないらしい。ありがたや。
頭痛の原因は、頚椎が歪んでいて、神経が圧迫されているためではないかとのこと。

どうやらふだんの姿勢が悪いらしい。
椅子に座るときに、変なくせがついているようだ。

医師と問診で対面している短い間だけでも、かなり左肩が上がっていると指摘される。
そういえば、このごろは気がついたらシャツの首回りが右側にずれていることが多い。
鏡を見ると、ちょっと足りない子みたいに見える。
それも姿勢が悪いせいなんだな。
気をつけよう。

  1. 2010/07/15(木) 21:25:34|
  2. 日常
  3. | コメント:0

あすなひろし原画展

img298.jpg

神田錦町の安田アートリンクまで『あすなひろし原画展』を観に行く。

あすなさんの描く繊細なタッチに憧れて、十代のころは単行本をよく買っていた。引越しを繰り返すうちに、一冊、二冊と所在がわからなくなってしまったのだが、今回、なつかしい漫画を、しかも原画で200枚も見ることができて、眼福だった。
ほとんどホワイトを使わない人として有名だけれど、ほんとうにきれいな原稿だった。
キャラの顔を書き直すために切り張りした跡が、そこだけ糊が浮いて原稿の色が変わっていたのが、かえって印象深い。

生前の机回りにあった漫画の道具なども展示されていて、そういう品々を見ていると、しんみりとしてしまう。

  1. 2010/07/13(火) 19:37:56|
  2. 展覧会/博物館
  3. | コメント:0

ノーマン・ロックウェル展

img294.jpg
府中市美術館でやっていた『ノーマン・ロックウェル』の展覧会へ。
点数は35点ほどで、あまり規模は大きくない。
しかし知らない絵も数点あったし、リトグラフが多いと聞いていたけれど、原画もそれなりの点数があり、なかなか楽しかった。
この展覧会はちょっと変わった趣向をしていて、ロックウェルのイラストと、写真家のケヴィン・リヴォーリが撮った、現在のアメリカの日常風景の写真が並べて展示されていて、時代も手法も違えども、いわゆる「古き良きアメリカ」がけっして絵空事ではなく、今でも日常として残っているのだと思える仕組みになっている。

薄い図録が千円で売られていたが、中身は「サタデー・イブニング・ポスト」の有名なイラストばかりだったので、ちょっと不満。会場には広告用の油彩や未発表になった作品などもあったから、それらを優先して掲載してほしかった。
  1. 2010/07/10(土) 13:17:29|
  2. 展覧会/博物館
  3. | コメント:0

雑記

・散歩してたらこんなドアがあった。
なんでノブが二個も?Image094.jpg
どっちか一方はダミーなんだろうか。
「ドアノブ」を見ると、ついいろいろと空想してしまう。

・遊びで使っているノートPCのキー、「X」と「M」がバカになって打てない。
けっこう不便。

・昔アメリカで売ってたTシャツの中のひとつ、トマトを持ったプフィルバージョンが押入れからやっと出て来たので、記念にトルソーに着せて撮影。tomato1.jpg
  1. 2010/07/08(木) 13:25:53|
  2. 日常
  3. | コメント:0

ポンペイの映画2本

ポンペイ最後の日[DVD]ポンペイ最後の日[DVD]
(2009/08)
プレストン・フォスター、ベイジル・ラズボーン

商品詳細を見る
500円DVDで購入。
冒頭に、この映画はリットン卿の小説『ポンペイ最後の日』とは無関係であるという断りが出る。ちょうど小説も読んでる最中なのだが、確かにぜんぜん違う話だ。

1935年のアメリカ映画だが、なかなかテンポよく進んで飽きさせない。ちょっと中だるみはするが、基本的にきちんとしたシナリオだ。
ただしある程度聖書の知識がないと途中ちょっと置いてけ堀。(まあ、この手の映画はたいていそうだけど)。

エンド・オブ・ワールド [DVD]エンド・オブ・ワールド [DVD]
(2009/02/06)
ヴィクター・アルフィエル、トマス・アラナ

商品詳細を見る
2007年のイタリアのテレビ映画。
原題は『Pompei』。
パッケージとかタイトルを見ると、けっこうな終末観が漂ってるけれど、舞台は79年のポンペイ、つまりヴェスヴィオ山の噴火で崩壊したポンペイの話。
当時の建物などはいいかんじに作られてるし、街中の祭壇なんかもリアル。執政官の屋敷の装飾も凝っていて、極彩色でなかなか楽しい。
ただ全体に俳優陣が物足りなかった。

最初と最後に現代のシーンがあるけど、なんだかとってつけたようで、そこは要らなかったんじゃないかと思う。

しかし、たとえばamazonでこのDVDをたまたま見かけたとしても、『エンド・オブ・ワールド』という題で
“ハイクオリティ・ディザスター・パニック”超大作遂に登場!自然の猛威により大都市が破壊され、機能を失い壊滅状態に陥る様子をダイナミックに描いたディザスターパニック・ムービー」という内容紹介では、まず見ようとは思わなかった。

じつはこれ、『ぽすれん』でポンペイ関連の映画がないかと思って「ポンペイ」と検索したら出てきた映画なので、自分としてはラッキー。まあ正直なところ映画としては面白くはないんだけど。

なんだか最近は映画の見方が変わってしまって、出来不出来はあまり気にならなくなってきた。
特に歴史ものなんかは、豪華な再現フィルムを見てる程度の感覚なので、よほどのことがないとそれなりに勝手に楽しめてしまう。
  1. 2010/07/07(水) 04:30:00|
  2. 映画/テレビ
  3. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。