針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

終着駅 トルストイの死の謎

終着駅 トルストイの死の謎終着駅 トルストイの死の謎
(1996/12)
ジェイ パリーニ

商品詳細を見る
82歳という高齢で妻と家庭と財産を捨てて家を出、寒村の駅で病死したトルストイ。この本はその晩年のトルストイと彼をめぐる人々、妻ソフィヤ、高弟チェルトコフ、娘サーシャ、秘書ブルガーコフらの手記という形で構成されていて、どこまでが著者の創作かは判然としない作りになっている。
おもしろい試みだとは思うが、純粋な「伝記」ではなく、テーマは別なところにあるので、ここに書かれているのぞき趣味的な事柄も鵜呑みにするのは危険。
とにかく一家のセックスに関する描写が多すぎて、正直なところ辟易した。
なにか悪意すら感じるし、わざわざ歪めて伝えているように思えるのだが。
トルストイ自身の日記は日本でも翻訳されているけれど、夫人や秘書の日記はロシア語でなければ読むことはかなわず、ふつうの読者には真実がわからないのも問題だ。

実際のところ、トルストイのいわゆる回心後の運動や思想(徹底した非暴力と自己犠牲)を知っていないと、この本の内容には戸惑うかもしれない。
当時のトルストイの人気はロシア国内にとどまらず、世界的にたいへんなもので、大衆が小説家に向ける尊敬も今のそれとは違っていたようだ。トルストイの場合は『戦争と平和』『アンナ・カレーニナ』の作者としてだけではなく、隣人を自分以上に愛せよと説くその思想が愛されていて、日本にもトルストイ主義に惹かれた人たちが大勢いて、彼の教えを実践しようとしていたそうだ。

自著を民衆に安価な形で読んでほしいと考え、著作権を放棄し、自身のもつ財産を貧しい人たちに分け与えたいと願うトルストイに最後まで反対していたのはソフィヤ夫人だ。
そのソフィヤ・アンドレーエヴナは、俗に「世界三大悪妻」の一人に数えられているけれど、異常なほどの嫉妬深さを除けば、あくまでも一家の将来を案じる、現実的な物の見方をする普通の人だったのだろう。
この本には書かれていないが、皮肉なことにトルストイの死後、その著作は革命後に国営の出版社の手に渡ってしまい、貧しい民衆には手が届かない価格となってしまったし、あれほど著作権にこだわった夫人の手元には何も残らなかったそうだ。

トルストイはひじょうに筆まめな人で、たとえば河出書房のトルストイ全集には『妻への手紙』と題する巻があり、その解説によると、トルストイが夫人に宛てた手紙だけで800通以上もある。
そこで言えるのは、どんな聖人であっても、もしトルストイのように本人の日記や書簡、周囲の人びと(新聞記者や作家を含む)の細かな日常の手記が膨大に残っていれば、嫌でも俗な部分が見えてくるだろうということだ。
この本は、その俗な部分を必要以上に大きく書いているように思える。あるいはエピソードを「創作」という形で「捏造」している可能性もあるのではないか。

ところで、この本を原作にして映画化された『ラスト・ステーション』にソフィヤ夫人役で出演したヘレン・ミレンは、何かのインタビューで「トルストイは女性を見下している」とか言っていたが、おそらくこの原作小説を読んだだけの感想なのだろう。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/29(金) 01:16:50|
  2. 読書
  3. | コメント:0

ブログ本

狂乱西葛西日記20世紀remix狂乱西葛西日記20世紀remix
(2009/09/09)
大森 望

商品詳細を見る

SF翻訳家、書評家の大森望氏のウェブ日記。
ここ最近、ブログ本の出版がちょっとしたブームのようになってるけれど、ある意味真打登場というかんじか。
なにしろ大森さんの日記は、現存するブログとしては日本最古のものになるらしい。
そのブログの最初のほう(1995~2000年)をダイジェストにしたのがこの本。
ウェブ上でも読んではいたけれど、改めて読むと本当によくあちこち動いてる人だなあという印象。
しかし登場人物が700人以上って、交友関係がハンパないね。

じつは大森さんとは何度か会ったことがあるので、この本に私の名前もほんのちょこっとだけ出てきたりする。
  1. 2010/01/27(水) 01:01:25|
  2. 読書
  3. | コメント:2

里山 劇場版

ブルーレイ録画機能つきのテレビを買ったので、初めてブルーレイ・ディスクをレンタルしてみた。
映像詩 里山 ~劇場版~ [DVD] [Blu-ray]映像詩 里山 ~劇場版~ [DVD] [Blu-ray]
(2009/12/25)
ドキュメンタリー映画

商品詳細を見る

これはNHKスペシャルで放送されたものを再編集して、昨年劇場公開したもの。
舞台は滋賀県の琵琶湖畔。里山に暮らす人たちと、雑木林の四季を丹念に捉えたネイチャードキュメンタリー。
自然を人間が作りかえるのではなく、人が自然と共生している姿がここにある。
映像も工夫を凝らしていて、90分間まったく飽きなかった。

アカショウビンが魚を狙っているところが面白い。カメラを水中に置いて、襲いかかってくる鳥を魚の目で見たような構図で撮影している。これはまるで宮沢賢治の『やまなし』の世界そのもの。

ところで、モノは試しとばかり、同じタイトルのDVDもレンタルしてみた。比べてみると画面の違いが一目瞭然。ブルーレイは葉っぱの一枚一枚が鮮明に映っているのに、DVDは緑色のカタマリに見えてしまう。なにを今さらと言われるかもしれないが、やはりブルーレイはきれいですな。
ブルーレイで『西部開拓史』とか見てみたくなった。

ただ、さらに次世代の光ディスクが開発されたみたいだし、ブルーレイは案外短命に終わるのかも?
  1. 2010/01/25(月) 23:38:58|
  2. 映画/テレビ
  3. | コメント:2

ラウィーニア

ラウィーニアラウィーニア
(2009/11/13)
アーシュラ・K・ル=グウィン

商品詳細を見る

ル=グウィンの最新刊『ラウィーニア』を読む。とてもおもしろかった。

トロイア戦争の後日談を描いたウェルギリウスの『アエネーイス』を題材にしたもの。
『アエネーイス』は国を亡ぼされたトロイア人の生き残りたちが、7年間の苦労の末イタリアに到着し、ローマの母体となる都市を建設する、という叙事詩で、ラウィーニアはそこに登場するお姫さま。
ホメーロスの『イーリアス』では絶世の美女へレネーが戦争のきっかけとなるが、『アエネーイス』ではラウィーニアをめぐって戦争が起る。にも関わらず、叙事詩の中では彼女の存在はとても薄い。
そんなヒロインに光を当てて肉付けをしたのがル=グウィンらしいと思った。
『ラウィーニア』は『アエネーイス』の後半部分を描いているけれど、単なる再話ではないことは、最初のほうでウェルギリウス本人が生霊となって登場してくるところでわかる。
この物語は『アエネーイス』のラスト部分から想を練ったのかもしれない。
アエネーアスがトゥルヌスにとった行動に対する考察がのちに出てくるが、それが印象深い。
  1. 2010/01/09(土) 08:31:31|
  2. 読書
  3. | コメント:2

また全滅

Wiz《旅人の財産》は地下10階。
水辺になつかしいモートモンスターが群れで出現する。
そろそろグレーターデーモンやサイデルはあまり怖くはなくなったが、初めて出会った敵に地下10階で全滅させられた。
おそらく最下層だと思うけれど、なんだかとんでもない敵がウジャウジャ出てくるなあ。
これで全滅は三回目だ。一回はロストしたし、キビシイな。
別パーティも並行して成長させておかないといかんね。

すぐには新パーティを育てる気力が出ないので
ちょっと他のシナリオをやって気分を変えようかと思う。
  1. 2010/01/07(木) 22:37:48|
  2. ゲーム
  3. | コメント:0

2日に近所のスーパーへ買出しに行ったら、おせちセットが大量に売れ残っていて、半額で叩き売られていた。
このスーパーは年始によく買い物に行くが、数年来そういうことはなかったように思う。
不況ってことなのかな。

正月というとやはり餅だ。
今年は伸し餅を買って切ってみる。
ふだん食べてる「サ〇ウの切り餅」よりずっと伸びがいい。
知人からも自分でついた餅をおすそ分けしてもらったが、これまた粘着力が高い高い。
そういえば子供のころに食べてたやつは、このくらい粘りがあったっけ。
毎年餅が原因で死亡する人が後を絶たないが、このくらいよく伸びる餅だと、自分も気をつけないと危険だなあと思った。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「旅人の財産」、ロストした6名と同じ名前をカタカナで新たに作り直す(前はアルファベット)。
気分を変えてプレイ再開。
地下6階はワープの嵐。歩く法則がわかるまでは難儀した。

現在地下9階を探索中。
魔法使いがマロールを覚えてくれないので、ここまで来るのもなかなか面倒だ。
しかし前衛の首がやたらポンポンはねられるなあ。
  1. 2010/01/04(月) 17:17:08|
  2. ゲーム
  3. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。