針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

志村立美

img113.jpg
横浜のクリエイティブシティ・センターというところで『志村立美 美人画展』というのをやっていたので見る。
原画ではなく、最近増えてきているジークレー版画の展示だった。販売もしている模様。

24枚(ぐらい)の美人画の中には、和服のものだけではなく、インドネシアの女性を描いた晩年の作品などもあった。

しかし艶っぽいいい女が勢ぞろい。思わず、姐さん粋だねぇと言いたくなるような絵だ。

会場内には志村立美の描いた美空ひばりのレコードジャケットや「丹下左膳」などの小説の挿絵のカラーコピーも参考程度に貼りだされていたが(コピーじゃなくて普通のプリンタ出力かもしれない)こういったものは原画で見てみたいものだ。
弥生美術館でいつかまた企画展をやってくれるのを待つしかないかな。

入場料300円で、入場券替わりに好きなポストカード(200円で販売しているもの)を一枚貰えた。↓
img124.jpg
スポンサーサイト
  1. 2009/10/28(水) 21:14:29|
  2. 展覧会/博物館
  3. | コメント:2

口琴

横浜は日本大通りのユーラシア文化館に寄る。
img112.jpg
『ユーラシア3000年 海と陸のシルクロード』と題した企画展を見に行ったのだけれど、こんなタイトルのわりには展示の規模が小さくて、ちょっとものたりなさを感じた。

それとは別に、通常展示室でやっていた『口琴の広がり』と題した企画展示のほうに興味をひかれる。

口琴というと西部劇などで見かける口にくわえてビョ~ンビィ~ンビョ~ンと弾いているアレというイメージしかなかった。
世界中に分布している楽器なのだそうだ。
ためしにYouTubeで“Jew's Harp”で検索すると大量に動画が出てくる。
日本ではこれが江戸時代に大流行したんだとか。

この企画展で世界各地の口琴がずらりと集まった様は圧巻。
金属以外にも竹製や木製のもの、形もいろいろなものがある。
それらを収めるためのケースにも凝ったものが多かった。
中でも外皮がついたままの樹木を二つに輪切りにしたものを合わせ、中に口琴が収まるように窪みを掘ってあるものなどは、思わず欲しくなってしまう逸品。
じつは遅い時間に入ったため、閉館時間が迫ってしまい、大慌てで見て回るはめに。ゆっくり見ることができなかったのが残念。

口琴といえばエンニオ・モリコーネの『夕陽のガンマン』のテーマが超有名。

  1. 2009/10/21(水) 23:07:13|
  2. 展覧会/博物館
  3. | コメント:2

地球が静止する日

"Klaatu barada nikto"

地球が静止する日 [DVD]地球が静止する日 [DVD]
(2009/11/20)
キアヌ・リーブス、ジェニファー・コネリー


レンタルが始まったのは5月なのに、ずっと貸し出し中でようやく借りられた。
最近では『アイアム・レジェンド』や『宇宙戦争』『インベージョン』など、古典SFのリメイクがやたら作られてるけど、これらはオリジナルが古いために、そのままなぞって作るわけにはいかない。いかに現代的な味付けをするかにかかってくる。
ただし、いじりすぎてオリジナルのおもしろさが消えちゃってるのもあった。

『地球が静止する日』は、ネット上で感想を読むと評判がよくないようだ。

CMではじめてゴートを見た人は、巨大ロボットがゴジラよろしく街を破壊するところとか、人類と異星人との壮絶なドンパチがあると期待しちゃうだろう。
旧作を知らなければ、拍子抜け展開の映画になってしまいかねないけれど、個人的にはけっこう好きな作品だ。
ただラストはやっぱり弱いかな。もうちょっと余韻も欲しいところ。
それにしても新作のほうのゴートは、動きが意外に俊敏で驚いた。
あれは気持ち悪くていい。

1951年版の邦題は『地球の静止する日』だ。
今回は『の』が『が』に変わってる。
これは『遊星よりの物体X』が、リメイクでは『遊星からの物体X』になったようなもんだろうか。


うん、やはりこっちのほうも捨てがたい。
510DSxY20rL__SS500_.jpg

そしてこの映画で思い出すのが、1974年のリンゴ・スターの4枚目のアルバム。
グッドナイト・ウィーングッドナイト・ウィーン
(2000/07/12)
リンゴ・スター

かなり忠実に再現されたコスプレ。
当時のPVでも、リンゴはこの格好で円盤の前で歌ってた。すごい。
  1. 2009/10/21(水) 10:07:08|
  2. 映画/テレビ
  3. | コメント:5

アラビアンナイト

岩波文庫の『千夜一夜物語』27夜目の話に、「ロズバジャ」という料理が出てくる。
ロズバジャという絶品のニラ料理を手づかみで食べた男が、手を洗わずに初夜に挑んだところ、そのにおいに怒った妻の命令で、両手足の親指を切り落とされてしまったという悲惨(?)な話なのだが、以前からこの料理が気になってしかたなかった。なんだかとてもおいしそうに思えて、食べてみたくなったのだが、検索してもわからない。もしかすると架空の料理なのかとさえ思っていた。それが先日、中東方面に詳しい友人に「ロズバジャではなくジールバージャではないか」と教えられた。平凡社の東洋文庫ではそういう記述だそうで、なるほど、それで検索するといくつか見つかる。

そういうことがあるので、ふつうにアラビアンナイトを読むだけでは、生活習慣などわからないようなことも多い。どうしても映画や演劇で作られたイメージからも抜けきれないので、簡単なガイドブックのようなものを探していた。

図説 アラビアンナイト (ふくろうの本/世界の文化)図説 アラビアンナイト (ふくろうの本/世界の文化)
(2004/05/07)
西尾 哲夫

アラビアンナイト中の有名な作品の紹介と、興味深くわかりやすい解説が交互にあって、アラビアンナイトの全体像を俯瞰できる。
タイトルどおりイラストや写真も大量にあり、読むのはもちろん、眺めているだけで楽しい一冊。


アラビアンナイト博物館アラビアンナイト博物館
(2004/09)
国立民俗学博物館<編>
西尾哲夫<責任編集>

これは2004年に大阪の国立民俗学博物館で開催された特別展『アラビアンナイト大博覧会』の図録だが、通常の書店売りをしている。
こういった企画展の図録は、じっさいに展示を見ていないとおもしろみがないものが多いけれど、この本は大丈夫。企画展の強みで個人蔵の貴重な図版も多く、アラビアンナイトの成立過程(じつはいまだにはっきりしてないらしい)、なかなか複雑な翻訳の歴史、中東世界の衣食住、アラビアンナイトがさまざまなメディアに与えた影響などが一望できる。
民俗学博物館のものだけに、衣装類が充実した展示だったようで、これはもし近くでやっていたら行ってみたかった。

じつは先の「ジールバージャ」の作り方が画像入りでこの本に載っている。ジールバージャは鶏肉料理で、成長した玉ねぎのくきの部分を使うそうだ。日本の万能ねぎに近いのだとか。これが「ニラ」と訳されていたのかもしれない。
わりと簡単にできそうなので、今度作ってみよう。
  1. 2009/10/21(水) 02:45:35|
  2. 読書
  3. | コメント:3

ビッグ・バグズ・パニック

来月公開予定の、巨大な昆虫が人を襲うパニック・ホラー・コメディらしい。
この手のものはかなり好きなのだ。

巨大昆虫ものの映画は多いけれど、たいてい笑ってしまうような造形で、動きもテキトウだったりするのだが、最近ではキング原作の『ミスト』に出てきた巨大な虫がずいぶんよくできていた。
あとPJの『キングコング』にも太古の昆虫っぽいのがワラワラ出てくるシーンがあったけど、あれは迫力もあったし見ごたえ充分だった。

ビッグ・バグズ・パニック(原題:Infestation)は、トレーラーを見る限りは、虫の体色があまりよくない。どうもどれも黒っぽすぎる。叩きつぶしたときに飛び出る体液がミルクみたいに真っ白なのもいただけない。
しかしあまりリアルにしちゃうと気持ち悪くなるので、一般受けを考えた上での色選びなのかもしれない。まあコメディなんだし、これで正解なんだろう。
『ショーン・オブ・ザ・デッド』っぽいノリで見れるなら、楽しみ。


虫注意

  1. 2009/10/19(月) 21:11:02|
  2. | コメント:2

エッシャー展

img109.jpg
兄が横浜の病院に入院しているので、見舞いに行ったついでにそごう美術館で開催中の『エッシャー展』を見てきた。
ここでは4年くらい前にもエッシャー展をやっていたらしく、そのせいか、あるいは夜6時過ぎだったからか、会場内は人がまばらだった。

エッシャーというと騙し絵で有名だけれど、今回の展示は視覚トリックを作りだす前の若いころの作品も多く、自画像や風景、動植物の版画などもある。個人的にリアルにスカラベを描いたものが興味深かった。
エッシャーはアルハンブラ宮殿を訪れた際に、モザイク模様に大きく影響を受けて作風が変わり、数学的なパズルのような作品を研究していったそうなのだが、そういった画家の足跡をたどることができる展示だった。
作品のサイズはさまざまなのだけれど、中には意外に小さいものもあり、その細かい作業に驚かされる。
紙に碁盤の目が残ったままの習作の原画もあって、これもなまなましくて面白かった。

最後のほうにエッシャーを紹介する動画を見せるコーナーがある。時間は13分ほど。その中で版画製作中の彼を撮影した貴重な映像を見ることができる。

1970年代の少年マガジンの表紙に、立て続けにエッシャーの絵が使われたことがあるのだが、今回その少年マガジンも会場に展示されていた。子供のときにしげしげと穴の開くほど見つめた記憶がよみがえってきた。思えば当時の少年マガジンは横尾忠則を使ったり、マグリットを紹介したりと、いろいろ実験的なことをしていたなあ。
  1. 2009/10/13(火) 23:35:42|
  2. 展覧会/博物館
  3. | コメント:2

古代カルタゴとローマ展

c.jpg
大丸ミュージアム・東京店で開催中の『チュニジア世界遺産 古代カルタゴとローマ展 ~きらめく地中海文明の至宝~』へ。
ここは初めて行ったけれど、大丸百貨店の10階にあり、東京駅から直接アクセスできるので便利だ。
入館料も1000円とお手ごろなのもいい。
ただ、開催期間が10月3日から25日までと、かなり短い。

会場は二部構成になっていて、前半はポエニ時代の遺物の紹介、途中からはローマの属州として再建されたカルタゴの遺物の数々を見ることができる。

展示品はわりとむき出しのものが多かったため、人が少ないのをいいことに、なめるように見ることができた。それこそ匂いを嗅いだりもできた。ちょっとアブナイ人に見えたはずだ。

特別出展の、ハンニバルの軍と関係があるかもしれないという鎧が興味深かった。青銅製の胸あてと背あてがセットになっているもので、カルタゴ関連の本で紹介されているのを見たことがあったが、実物を目の前にするとやはりドキドキする。
ハンニバルとの関係はじっさいはどうだかわからないけれど、この手のものは空想する楽しみがある。

会場の途中で、フェニキア人が地中海で船をどれほど巧みに操っていたかを説明するCG映像が流れているのだが、これは音がまったくないのと、画面の進行がゆっくりしているせいで、あまり足を止めて見ている人はいなかった。スクリーンの手前に置いてあった円形の軍港の模型はよくできていたと思う。

ここまではわりあいこじんまりとした印象だったけど、後半は大きなモザイク画がずらりと並んでいて圧巻。
中でも3世紀末の床モザイクで、狩りの様子を描いた物語性のある連作風の絵が特におもしろかった。
馬に乗った人々がグレーハウンドをひきつれてウサギ狩りをしている場面なのだが、逃げるウサギ、落馬する男、あわてる従者などが画面せましと動き回る。犬に捕まって血を流すウサギが描かれ、最後は猟からの帰路の場面になる。これらがどう配置されていたかはわからないが、4画面を全部つなげると8メートル近くなる。

じつは地中海の島々を描いた特大のモザイクが六本木のテレビ朝日で展示されている。これは5メートル四方もある巨大なものなので、デパートの展示室には入りきらないのだろう。
こちらは会期中無料で公開しているそうだ。

図録は2千円。解説がけっこう充実していた。

…そういえば
もうずいぶん前にヴィン・ディーゼルがハンニバルの映画をやるって話があった。あれはどうなったんだろうと思って調べてみたら、「Hannibal the Conqueror」というタイトルで制作進行中(?)らしい。
まだポシャってはいないようだけど、どうなることか。
  1. 2009/10/07(水) 23:19:09|
  2. 展覧会/博物館
  3. | コメント:3

毒のいきもの

毒のいきもの―special edition毒のいきもの―special edition
(2009/06)
北園 大園


有名なものから意外なものまで、65種の有毒動植物をおもしろおかしく紹介した本。

書店のレジ前に置かれていたので、ついでに買った。
よくスーパーやコンビニのレジ前に、ガムやらまんじゅうやらが置いてあるのをついでに買ってしまうのと似ている。

買ったのはついでだったけれど、中身はけっこう楽しめた。
文章はおちゃらけでも、基本は押さえてあるので、軽く読めるし笑いながら雑学も身に付く。

たとえば「ハブ」のページに書いてあったエピソード。
『男はつらいよ』のテレビシリーズの最終話では、寅さんがハブに咬まれて死んでしまうらしい。これはびっくりだ。
  1. 2009/10/04(日) 22:54:55|
  2. 読書
  3. | コメント:2

楡家の人びと

楡家の人びと (上巻) (新潮文庫)楡家の人びと (上巻) (新潮文庫)
(2000)
北 杜夫


北杜夫の『楡家の人々』を読む。
大正から戦後までの脳病院を中心にした三代に渡る人々を描いた年代記。作者の代表作。
とてもおもしろかったのだが、思ったよりも読むのに時間がかかった。北杜夫を読むのは久しぶりだ。

初めてこの人の本を読んだのは、小学生のときに古本屋で買った『どくとるマンボウ昆虫記』だ。(虫好きなのでタイトルにひかれた)
マンボウシリーズやユーモアエッセイは十代のころにずいぶん夢中で読んだ。成人してからはほとんど読まなくなってしまったが、『幽霊』とか『夜と霧の隅で』などの純文学作品も好きだった。

楡家の人びとは初めて読んだのに、どこかで以前読んだ気がする細かいエピソードが多いので不思議に思ったが、おそらく著者の他の短編やエッセイなどに使われたものと重複しているためだろう。
  1. 2009/10/01(木) 18:31:38|
  2. 読書
  3. | コメント:2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。