針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

幽霊画

V0016888017.jpgV6010009.jpg
谷中の全生庵というお寺で毎年8月だけ幽霊画の展示がある。
前々から一度行ってみたいと思っていたので、でかけてきた。

(小さいけど全部の画が全生庵のサイトで紹介されてます。)

これらの幽霊画は幕末から明治にかけて活躍した一大落語家、三遊亭円朝の収集したコレクションとのふれこみ。
円朝といえば『真景累ヶ淵』や『牡丹燈籠』、『乳房榎』などの怪談を速記で残したテキストが今でも文庫で手軽に読めるのはうれしい。

会場には50幅のうち40点くらいが展示してあった。
自分は子供のころから怪奇なものが大好きだったので、ここに飾られている幽霊画の半分くらいは、幽霊や妖怪関係の本などで見知っていて、そのせいか、なんだか懐かしい人に久しぶりに会ったかのような気分になった。

会場には若い女性が多かったのがちょっと意外。

この寺には円朝の墓があるので、記念に写真をパチリ。
V6010015.jpgV6010008.jpg
                   お寺の入り口には円朝の追討碑が。

------------------------------------------------------------

帰りに谷中ぎんざを覗いてみたら、「焼かりんとう」の花小路があったのでひとつ買ってみる。
油で揚げてないのでさっぱりしてる。これはちょっとくせになる食感。karinto.jpg
硬さはふつうのかりんとうと麩菓子の中間ってかんじかな。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/28(金) 19:18:09|
  2. 展覧会/博物館
  3. | コメント:0

カマキリ仁左衛門

裏庭の木陰で何かが蠢いている。
よく見るとセミがバタバタともがいていた。

              セミを捕食するカマキリ

はて面妖な、さてはクモの巣にでもひっかかったのかと思って近づいたら
なんと、カマキリに捕まって宙ぶらりんになってる。

セミを捕食するカマキリ (4)

画像見にくいけど、さかさまにぶら下がったカマキリが
アブラゼミをがっちりとホールドして捕食中の図。

頭部をむしゃむしゃしてる姿はちょっと怖かった。
このカマキリ、まだ成虫になってないのにがんばって大物狙ったなあ。


関係ないけど、先日「捕虫網」と書こうとしたら変換できないことに気がついた。
昆虫採集する人が少なくなったから?
  1. 2009/08/07(金) 18:46:57|
  2. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。