針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

炎の門

200万人のペルシア軍を迎え撃つは、スパルタの精鋭300人。というテルモピュライの攻防を描く映画『300』の日本公開が決まったようで、日本の公式サイトがオープン。本家のものよりかっこいいです。(でも本家サイトのトップで、スパルタの盾にズバズバーっと弓矢が突き刺さるロード画面も捨て難い。)
『シンシティ』のフランク・ミラーのコミックが原作です。
タイトルの読みは、てっきり『さんびゃく』になるのかと思ってたら、どうやらちゃんと『スリーハンドレッド』と読ませるらしい。
予告編が気合入ってて燃えますねえ。

そういえば『ラストサムライ』の中で、トム・クルーズが渡辺謙にこのテルモピュライのエピソードを話すくだりがありましたっけ。

そして、去年この映画のことを知ってから、予習のつもりで読んだ小説がこちら。
炎の門―小説テルモピュライの戦い 炎の門―小説テルモピュライの戦い
スティーヴン プレスフィールド (2000/09)
文藝春秋
この商品の詳細を見る

現在絶版らしいんですが、この機会にぜひ再販してください文春さん。じつは『300』とは別に、この本を原作にした実写映画化の予定があったらしいんですが、そちらのニュースは聞きませんね。立ち消えになったのかな?

自分の国を持てない者は実体のない影であり抜け殻でしかない、という考え方には、あまり共感できなかったけれど、物語全体に漂う巨大なエネルギーには圧倒されます。スパルタ兵の訓練の凄まじさ、実戦の惨たらしい迫力もさることながら、主人公の心理描写もしっかりしていて、娯楽作としてもおすすめの一冊。

恐怖に対する問答が何度か出てきます。戦場では誰でも恐怖に襲われる。いかにして恐怖を克服するのか。おびえて尻込みをし、不名誉な行いをすることを恐れて勇敢な行動をするのは、すなわち「不名誉」という恐怖に過ぎない。それは真の勇気ではない、というくだりがあります。
300人の兵はスパルタ軍から選ばれた精鋭ですが、その人選はいかなる基準のものだったのか。それが明かされる最後の章では、大いに考えさせられました。

ところで、スパルタ軍の盾には『λ(ラムダ)』が描かれていて、相対する敵は、整然と並んだその盾を見ただけで震え上がったんだそうです。
というわけで、『300』版のこんなレプリカを発見。買いはしないけど、ちょっと欲しくなりました。
右手に槍、左手に盾を持ち、隙間なく盾を整然と並べるスパルタの陣形では、隣の兵士の盾に自分の半身が守られます。スパルタの盾は自分自身を守るためのものではなく、隣にいる兵士を守るためのものなんですね。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/31(水) 03:25:20|
  2. 読書
  3. | コメント:0

ちっこい

ミニコミ 手塚治虫 漫画全集 Vol.1 200巻 特別限定セット BOX ミニコミ 手塚治虫 漫画全集 Vol.1 200巻 特別限定セット BOX
(2007/01/27)
セガトイズ
この商品の詳細を見る
こんなのが出たそうです。
手塚治虫全集のミニチュア版。高さ6・8センチ、幅5センチで再現。
こういうのもフィギュアとか食玩ブームの流れのひとつなんでしょうか。少し前にグリコが懐かしい雑誌のミニチュアを作ったりもしてましたね。

しかし、すでに読んだことがある本をコレクションの意味で揃えるならともかく、このサイズで漫画を読むのはかなりしんどいし、ここまで小さくされちゃうと、描いたほうだって報われないような気がするんですよねえ。

漫画の文庫化が盛んになった70年代だったと思うけど、手塚先生は、あんまり小さな誌面では漫画の良さが伝わらないというようなことを、どこかで書いていたように記憶します。講談社版の全集が新書サイズじゃなくてB6判になったのは、そういう意向だったんじゃなかったかな。

まあ、このミニチュアはセガが出すということで、本というより、コレクターズアイテムなんでしょうか。
  1. 2007/01/30(火) 14:01:49|
  2. 日常
  3. | コメント:0

ティーバッグ

最近は日テレでやってる『プリズン・ブレイク』と、TBSの『LOST』を楽しみにしてます。
両方とも02時前後の深夜枠なんだけど、これ、もっと早い時間帯でもイケるんじゃないかなあ。
昔は海外から買い付けた連続ドラマをプライムタイムにやってましたよね。

それにしても『LOST』は合間のCMが多すぎ。ちょっと普通に見てらんないくらい多い。
てことで、録画しておいて、あとからCM飛ばしながら見てるんだけど、それでもうんざりするほど多くて笑っちゃう。
  1. 2007/01/27(土) 02:55:35|
  2. 日常
  3. | コメント:0

七つの人形の恋物語

七つの人形の恋物語 七つの人形の恋物語
ポール ギャリコ (1997/09)
王国社
この商品の詳細を見る

アマゾンの書評で大絶賛してる人ばかりだったので買ってみたんですが…
ありゃあ、どうしてなんだろう。まったく感情移入できずに読み終えてしまいました。おかしいな、みんなが言ってる良さが全然わからない(^-^;
これ、ファンタジーとか児童文学扱いの人もいたけれど、どっちでもないんじゃないかなあ。

内容とは別に、挿し絵が個人的にダメでした。
  1. 2007/01/26(金) 07:17:38|
  2. 読書
  3. | コメント:0

飛ぶ教室

飛ぶ教室 飛ぶ教室
ケストナー (2006/09/07)
光文社
この商品の詳細を見る

「いま、息をしている言葉で。」というキャッチコピーの、光文社の古典新訳シリーズの一冊。
文学全集が本屋さんの棚から消えてしまった今だからこその好企画。

ただ文学作品に関しては、やみくもに訳が新しければいいというものでもないので、以前からの訳に愛着のある人には馴染めないかもしれないし、それが子供のころに親しんだものならなおさらかもしれないですね。
最近では数社が一度に出した『星の王子さま』の新訳競争のときに、ちょっとした論争がおきたのも記憶に新しいところ。

『飛ぶ教室』は、岩波から出ていたケストナー全集に収録されていた高橋健二訳を子供の頃に一度、20歳を過ぎてからも一度読んでましたが、二回目のときに、ちょっと単語が古めかしいなという印象がありました。初版が1962年なのでしょうがないんですが、「ギムナジウム」は「高等中学」だし、子供たちが「くわばら、くわばら」なんて言うし。
ただ、新訳のほうで、最後の舞台稽古を「ゲネプロ」、「書き取り帳」を「ディクテーション・ノート」としたのは、これはこれでやりすぎなようにも思います。
個人的には「ですます調」は好きではないので、新訳のほうが楽に読めたけれど、うーん、やっぱり慣れ親しんだ高橋訳に軍配を上げちゃいます。
それから、文庫にはワルター・トリヤーのすばらしい挿し絵がない。これもかなり大きな違いに思えます。

というか偕成社やら国土社やら講談社文庫でも別の訳が出てたんですね。知らなかった。
  1. 2007/01/26(金) 06:56:38|
  2. 読書
  3. | コメント:0

どうにもこうにも

レンタル掲示板に入れないで困ってます。
一週間くらい前から特に調子が悪いみたいで、滅多に繋がりません。
いくら寂れた掲示板だからとはいえ、ちょっとこれはひどすぎる。
最近は宣伝書き込みも増えてたし、いい機会だから、どこかで新しい掲示板を借りることにしました。
今月中にはリンク張りますので、またよろしくお願いします。
  1. 2007/01/24(水) 05:06:32|
  2. 日常
  3. | コメント:0

小さな暗い場所

小さな暗い場所 小さな暗い場所
マーティン シェンク (1999/08)
扶桑社
この商品の詳細を見る

ブログから直接アマゾンにリンクが張れるようなので、試しにやってみました。

家も土地も失い路頭に迷った両親が、事故を装って自分の子供を縦穴に落とすという計画を立てる。救出作業のテレビ中継を見た全国の視聴者から、義援金を集めようとするのだけれど…。

物語は二部構成で、一部ではほとんどスーパーナチュラルな出来事はありません。
ところが二部では物語の雰囲気はがらりと変わって、かなりド派手でグロいシーンが炸裂。私はこういうB級映画的なグロさも大好きなので、けっこうノリノリで読めました。
章立てが短いせいかテンポもよく、映画を見ているように読み進める。というより、多分に映像化を意識した作りだし、配役でもあると思いました。
解説を読むと、この作者はこれが長編第一作だそうで、99年度中に映画化されると書いてあるんだけど、それはどうなったのかな?二作目を執筆中ともあったけれど、そちらも気になるところ。

  1. 2007/01/24(水) 04:22:21|
  2. 読書
  3. | コメント:0

ぎっくり腰

今はもう痛みもないし、完治してますが、はじめて「ぎっくり腰」というものになりました。
何かの拍子に、腰に激痛が走り、動けなくなってしまうアレです。
ところが自分の場合、あとから考えても原因がなんだったのかわからないのです。

ちょっと風邪気味だったので、布団の上に座りながらPCをいじっていて、なんだか腰が変だぞ、と思ったときにはやっちゃってたみたいで。座り方が悪かったのかな。

次の日からとにかく腰の背骨が痛くて痛くて、最初の日は寝返りがまったくうてない状態。右向きに横になったら、それっきりもう動けない。

トイレに行くために立ちあがろうとするだけなのに、油汗流しながら5分くらいかかる始末。本気で尿瓶がほしいと思った。

私は布団で寝ているんですが、こういうときは布団よりもベッドのほうがいいですね。足を下ろして立ち上がれるから、たぶん布団よりずいぶん楽なんじゃないかな。
同様にトイレも和式だったら辛いでしょう。せめてトイレが洋式で、まあよかった。
なぜか洋式トイレの便座の高さが自分には一番楽な姿勢がとれるみたいで、用を足しているときだけは、腰にまったく痛みを感じませんでした。
そこで試しに部屋の椅子を便座と同じくらいの高さに変えて座ってみたけれど、それだとどうも違和感がある。ちょっと腰に響く。便座でないとだめらしい。便座万歳。

  1. 2007/01/15(月) 11:49:16|
  2. 日常
  3. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。