針穴日記

見たり聞いたり思ったりしたことなどをちらほらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トリスタンとイゾルデ

パンフレット

 この映画、あんまり良い前評判を聞かなかったんで、期待しないで見に行ったところ、なかなかおもしろかったです。

 シネコンのレイトショーで見たんだけど、上映前のロビーにいるのがカップルばっかり。
「うへえ、こんな恋愛映画をひとりで見に来てんの自分だけ?針のむしろ?」
とか思ってたら、みんな『ワールドトレードセンター』とか『地下鉄に乗って』の客でした。
『トリスタンとイゾルデ』の客は私一人。

すげえ、スクリーン独占だー!(・∀・)

とか思ってたら、はじまる寸前に白髪のおじさんが一人入ってきた。
『ロミオとジュリエットの原典になった史上最も美しい悲恋物語』というコピーの映画を、深夜におじさんと二人きりで観るはめに(笑)。

 映像的にはかなり満足です。海岸のシーンが圧倒的。全編これ寒々とした雰囲気の映像なのもいいかんじ。
アクションシーンの殺陣もけっこう凝ってるし、歴史物とはいえ歴史の知識も必要ないし、娯楽作としての展開も早いから
「古臭い恋愛映画なんか見たくないなあ」なんてことを言う彼氏を引きずってっても全然大丈夫だと思います。

 でもべディエの編纂したトリスタン物語からは相当かけ離れてるから、以前からずっとこの話が好きだった人にとっては、こういう『トリスタンとイゾルデ』は受け入れがたいかもしれませんね。
 サトクリフの再話もそうだったけれど、この映画も「愛の秘薬」を使わない筋立てです。それが成功かどうかはともかく、今の観客には薬なしのほうが感情移入できていいのかも。というか、徹頭徹尾現代的な作りに思えました。もし舞台が現代でもいけるんじゃないかな。マーク王への忠誠にしても、騎士の誓いは絶対というだけでは今の観客にはアピールできないかもしれないので、映画ではより劇的な関係に仕立ててあります。イゾルデも悲劇が似合う典型的な美人ではなく、ちょっと暖かみのある顔立ちのソフィア・マイルズが演じていて、まあこれは好みが分かれるところでしょうね。

 シンプルなストーリーなので「白い手のイゾルデ」も出てきません。
そのせいかどうか、トリスタン視点(というか男性側の視点)にちょっと偏ってしまってるようにも感じました。
伝承やオペラとは別の、映画版の解釈だと思えば、面白い脚本だと思います。
ただ、アクション要素や、国の政治的駆け引きの場面などを面白く作りすぎちゃって、肝心の悲恋部分が物足りなく思えてしまうきらいもあります。
 それと、ラストも含めて、おそらく意図的にそうしてるんでしょうけれど、『ロミオとジュリエット』と重ならないように作っているので、人によっては肩透かしに思えるかも。

 しかし配給会社のやる気が感じられない。明らかに宣伝不足。
テレビでも全然CMやらないし、公開してる映画館も少ないなあ。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/27(金) 03:05:44|
  2. 映画/テレビ
  3. | コメント:0

鬼太郎の家

小金井公園の中にある『江戸東京たてもの園』へ。
敷地内には江戸から昭和30年代くらいの建造物が立ち並んでます。
一軒の建物だけでも見に行く価値が充分あるのに、一度に20数棟も。
これはおもしろすぎる。
しかもほとんどの建物の中に入ることができるのが嬉しい。
20061028005909.jpg
『千と千尋の神隠し』の湯屋のモデルになったという銭湯。
私の育った家には風呂がなかったので、子供のころから銭湯に通っていたんですが、それも結婚してから後はとんとご無沙汰。ここではじっさいにお湯が出るわけではないけれど、久しぶりに銭湯の中に入りました。このだだっ広い空間は特殊で、とても懐かしい。

詳細は『江戸東京たてもの園』のサイトを見ていただくとして、


ここには案内板にもガイドブックにも載っていないけれど、マニアには有名な『鬼太郎の家』があります。
20061028005848.jpg

ぼろぼろの掘っ立て小屋のようですが、これで正解。鬼太郎って言ったら木の上の家じゃないの?と思う人が多いだろうけれど、アニメなどでおなじみの木の上の家は、少年マガジンで連載が始まってから登場したもので、それ以前の貸本時代の『墓場鬼太郎』はこういう家に住んでました。
入り口には「怪奇事件専門解決 墓場鬼太郎」と看板が下がってます。(「怪奇事件」の部分が割れて下に落ちてます)

これが水木しげる先生の描かれた『墓場鬼太郎』の一コマ。
20061028005923.jpg
ゴミ箱を漁ったり煙草を吸ったりする猫背でチョイ悪の鬼太郎が住んでる家としては、断然こっちの家が似合います。
  1. 2006/10/19(木) 19:58:02|
  2. 展覧会/博物館
  3. | コメント:0

ガスミュージアム

 東京ガスが運営するガスの資料館が小平にあります。
距離はうちから電車2駅分くらい。このくらいなら自転車で散歩するのにちょうどいい。
受付で入館者数を書いて、親切な受付嬢にパンフレットを貰って入館。見学は無料です。
「ガス灯館」と「くらし館」と名づけられた二つのレンガ造りの建物があり、それぞれ明治42年と45年に建築された東京ガスの建物を、この場所に移設復元したものだとか。
ガス灯館
 ガス灯館のほうにはフランスやイギリスのガス灯や、さまざまなランプなどが展示されています。
二階にはガスに関連した錦絵のギャラリーがあり、今は『水に育まれた街 東京展』というをやっていて、井上安治、小林清親、三代目歌川広重などの錦絵を50数点見ることができます。
平日の午後1時頃でしたが、建物の中に他の見学者はいませんでした。ちょっと貸切り気分。建物内は撮影禁止だったのが残念。
                              くらし館
 もうひとつの「くらし館」のほうは、ガスが暮らしの中でどう使われてきたかを時代を追って確認できる展示になっていて、実物のガス器具が置いてあります。昔はガス冷蔵庫やガスアイロンなんてのもあったんですね。珍しいものでは、ガスオルガン、ガスの卵ゆで器なんてのも。なつかしい東京ガスの広告ポスターもずらりと並んでいて、なかなか楽しめました。

 園内には何本もガス灯があり、実際に点灯されていたけれど、快晴の昼間だったので、明かりは楽しめず。
ガス灯

夕方に行けばずいぶんと風情がありそう。ただし5時閉館です。(入館は4時まで)
  1. 2006/10/17(火) 19:23:06|
  2. 展覧会/博物館
  3. | コメント:0

東京都薬用植物園

西武拝島線東大和市駅を降りてすぐ目の前の場所に、薬用の植物園があると聞いたので、出かけてみました。
20061023214636.jpg

薬草、毒草、ハーブを集めて栽培する施設です。脱法ドラッグや健康食品などの取締りのための鑑別や研究をしているらしい。公開されているので誰でも無料で入れます。
20061023214839.jpg

植物はふつうに花壇のように植わってるものもあれば、温室があったり岩場があったり池があったり、いろいろな環境を再現しながら栽培しているものもあり、散歩するだけでもおもしろい。現にデートコースにしている若いカップルを2組発見。
虫もたくさん見れました。トンボも多かったし、これはたぶんキンケハラナガツチバチ。
                             20061023215612.jpg

   ジョロウグモの雌雄かな。
   20061023214704.jpg

毒草も薬草も表裏一体というか、同じものでも人間の使い方ひとつで毒にも薬にもなるんですね。
少量なら薬でも、大量に摂取すると毒になる植物もかなりある。
意外とおなじみの植物に薬効や毒があったりして、へー、こんなものも?という驚きも。
たとえばアジサイやらアサガオやら、観葉植物のポトスなんかも毒があるとは知りませんでした。

東京ではここにしかないという、大麻とケシの花を栽培してます。
20061023214803.jpg

          二重のフェンスに囲まれてるので近寄れず。
                       20061023214724.jpg

どっちみち春先じゃないとケシの花は見れないらしいけれど。

あややの「ダメ。ゼッタイ」のパンフレットが置いてあったのが印象的。
V6010014.jpg

  1. 2006/10/16(月) 18:03:58|
  2. 展覧会/博物館
  3. | コメント:0

ミイラと古代エジプト展

 国立科学博物館で開催中の『ミイラと古代エジプト展』に行ってきました。

 最初に特設会場で3D映像を見せるようになっているため、チケットは日時指定になってます。といっても上映時間は20分ほどなので、時間指定が一時間単位だから、運が悪いと20分待ちになる。私は10分くらいの待ち時間で済みましたが、それでも前の回が終わるまで、何もできずにボーッとして待ってないといけないので、待ち時間を利用して何か飽きない工夫をしてほしかったなあ。あちこちに設置されたモニターにオープニング映像が数分間映されてから入場するようになってるので、どうせならこのモニターを使ったなんらかの演出がほしいところ。

3Dメガネ
 こんな3D用のメガネをかけて見ます。
14メートルの横長のスクリーンからミイラが飛び出す飛び出す。スキャン画像とCGの組み合わせにより、ミイラの体内にまで潜っていくカメラワークを実現。これがじつに気持ちが悪くて素敵な体験でした。
最近はCTスキャンでミイラを傷つけることなく中を検証しているとのこと。包帯を解かなくとも、ミイラの年齢や病気の有無、死因の推測などもできてしまう。この40代の神官のミイラ、ネスペルエンネブウ氏は、どうやら生前は歯の病気で悩んでいたご様子。

 3D映像を見た後は、大英博物館から借り出したエジプト関連の出土品の展示コーナーに移るんですが、これはちょっと規模が小さかったかな。
個人的に気に入ったのは、シャブティという、死者の代わりに来世で労働をするために用意された小さな像のコーナー。

 そして本物のネスペルエンネブウ氏の棺に対面。ここはじっくりと見る人が多くて混雑しました。
その先にも別のミイラが展示してあり、そちらは包帯に巻かれた姿も見ることができるというのに、なぜかあまり熱心に見る人がいない。ネスペルエンネブウを見る目とは明らかに違うように思える。やっぱり映像で見たものは愛着がわくんでしょうか。名前まで知っちゃうと他人のような気がしないのかもしれない。

 あ、そういえば、小さな展示品にルーペが用意されてないものがあったので、それがちょっと不親切に思えましたね。開催期間中に改善されますように。

 朝から食事抜きで出かけたので、とりあえずレストランで昼食。科博は恐竜の骨が目玉なので、レストランのメニューにも「ティラノザウルスの巣ごもり」とか変な名前の料理がいくつかあります。まあ変わってるのは名前だけだったりするんだけれど、その中に「草食スパゲティ」なるものがあったので注文。ホワイトソースにほうれん草だけというシンプルすぎるものでした。ていうかほとんど味がない(´Д`;)ちなみに「肉食スパゲティ」もあって、そちらはふつうのミートソース。

 その後は常設展をぶらぶらと見学。科博は地上3階、地下3階の展示室があり、かなり広い。
1階から地下3階まで見たところで疲れきってしまい、上の階は次の機会に回すことに。

 これは早割りの日時指定券を買った人だけが貰えた海洋堂のミイラのフィギュア。
ミイラフィギュア
5センチほどの小さなものですが、さすがにすばらしい出来。いい記念になりました。
  1. 2006/10/11(水) 20:33:02|
  2. 展覧会/博物館
  3. | コメント:1

山本有三記念館

おとといは久しぶりの晴天だったので、自転車を転がして三鷹の玉川上水沿いにある「山本有三記念館」を見学してきました。
門の前に「路傍の石」が置いてあります。けっこうでかい。
路傍の石

 建物は大正時代の洋館で、それ自体建築物として見るだけでもおもしろい家でした。昭和11年にここを買った山本有三が、2階の一部を和室に改装して書斎にしていたそうです。邸内も見学できます。入館無料。
山本有三旧邸

 今年はちょうど開館10周年だそうで、「山本有三の郊外生活」という特別展をやっていました。(8日で終了)


 玉川上水というと太宰治が入水自殺したことで有名な場所になっているけれど、入水の場所には、目立たないように配慮したのか、地味に記念碑がありました。
このあたりを散策していると、物思いにふけったように歩いている人とけっこうすれ違う。太宰のファンなのかもしれない。
 
 ついでに禅林寺というお寺まで足を延ばし、森鴎外(林太郎)と太宰の墓を見ました。
この日はひっそりとしてましたが、太宰の命日の「桜桃忌」には、さまざまな年齢の人たちが集うそうです。
森鴎外、太宰治の墓

  1. 2006/10/09(月) 14:23:35|
  2. 日常
  3. | コメント:0

空き巣

20061007034002.jpg

二階の軒先にあったアシナガバチの巣です。
20061007034106.jpg

夏の間はこんなにウジャウジャいたやつらが
気がついたら巣が空っぽに。
20061007034158.jpg


秋ですなあ。

  1. 2006/10/07(土) 03:43:28|
  2. 日常

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。